ニュース
» 2012年11月21日 11時58分 UPDATE

東芝、独自暗号化機能を備えた月額390円からのオンラインストレージ「デジタル貸金庫」

東芝は、月額制のオンラインストレージサービス「デジタル貸金庫」の提供を開始した。

[ITmedia]
photo

 東芝は11月21日、月額制のオンラインストレージサービス「デジタル貸金庫」を発表、本日より提供を開始した。有償の「プレミアム」プランの基本価格は月額390円で、容量は10Gバイト。また追加料金により容量拡張も行える(最大200Gバイト/月額3960円)。

 デジタル貸金庫は、長期間のデータ保存に向くとしたオンラインストレージサービスで、端末ごとに異なる暗号鍵を発行する独自の暗号化機能によりデータの漏洩や流出を抑止できるのが特徴だ。またデバイス紛失/盗難時にも、デバイス暗号鍵の無効化を行うことでデータ漏洩リスクを抑えられるとしている。

 サーバ上のデータは最大10台までのデバイスで共有が可能。また利用者本人に万一の場合が発生した場合に、データの受取人をあらかじめ指定しておくことができる「受取人指定サービス」も利用できる。対応OSはWindows 8、Android OS 2.3/4.0(Android OSのデータ共有機能は2013年春頃に対応予定)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう