ニュース
» 2012年11月28日 17時00分 UPDATE

こんなデジタル家電イベントは……面白い!:これぞ! お祭り! 「SITEX 2012」の日曜夜 (1/3)

「デジタル家電イベント」というと「CES」「CEATEC Japan」という新技術を訴求する整然としたイメージ。当然SITEXも……。ぶわー! なんですかなんなんですかこれは!

[長浜和也,ITmedia]

同じPCメーカーの大規模ブースが複数あるんですけど

kn_sitex2012_10.jpg SITEX 2012の会場「Singapore EXPO」は、日本でいうところの幕張メッセや東京国際展示場に相当する

 先日紹介したPCゲームのイベント「Intel Extreme Masters Singapore」は、「SITEX 2012」の関連イベントとして、同じ会場に広いエリアを確保して開催していた。

 イベントスペースをIEMに“貸していた”SITEX 2012は、シンガポールで最も規模が大きい、デジタル家電製品を紹介するイベントだ。会場は、シンガポールのイベント会場として最大規模の「Shingapore EXPO」で、SITEX 2012の公式情報によると200以上の企業が参加し、500以上のブランドが出展し、そして、開催期間中(2012年は11月22日〜25日の4日間)の来場者数は、延べ80万人以上にも達するという。80万人! ちなみにシンガポールの人口は500万人に足りない。アジア最大のITイベントとうたうCEATEC JAPANが参加企業600社あまり、同じ会期4日間で16万人強、International CESの来場者だってようやく20万人だ。

 以上のような情報から、初めて訪れた日本人が「SITEX 2012は、CEATEC JAPANやInternational CESのようなメーカーブースが並び、世界有数のPCメーカーに加えて、日本では知られていないタブレットデバイスメーカーやスマートフォンベンダーが、新製品や未発表の製品を展示しているイベントなんだろう」と予想するのも、無理からぬことだ。

 そういうわけで、日本ではまだ見ぬノートPCやタブレットデバイスを求めて、SITEX 2012の会場を歩いてみる。Singapore EXPOのHall 4からHall 6を占める会場の広さは、ちょうど幕張メッセのHall 3つ分とそれほど変わらない。そこに500を超えるブースが展開している。IEM会場も兼ねたIntelをはじめ、有力PCメーカーのロゴを掲げる大規模ブースのほかに、周辺機器やマイナーブランドのタブレットデバイスを並べる小規模ブースがすき間を埋める。

 大規模ブースに掲げられた有力PCメーカーには、DELLにHewlett-Packardという米国企業や、ASUS、Acer、そして、Lenovoといった台湾、中国企業とともに、東芝、富士通、ソニー、キヤノンなどの日本企業も並ぶ。日本メーカーの存在感もシンガポールではまだまだ健在だ。そんな、有力PCメーカーのロゴを、数多くの大規模ブースにみることができる。

 ……ん? DELLもHPもASUSもAcerもLenovoも東芝も富士通もソニーもキヤノンも、そんなに大規模ブースを設ける必要があるのか? 意味はあるのか? と、入り口でもやもやと疑問を感じつつ会場に足を踏み入れてみる。

kn_sitex2012_08.jpgkn_sitex2012_07.jpg 日本でも有名な大手海外PCメーカーのロゴを掲げる大きなブースが“多数”ならぶSITEX 2012の会場

kn_sitex2012_14.jpgkn_sitex2012_15.jpgkn_sitex2012_16.jpg SITEX 2012のIntelブースは、IEM会場と隣接して、ほかのイベントでもおなじみのPCゲーム体験コーナーを設けていた

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう