ニュース
» 2012年12月21日 15時28分 UPDATE

ドスパラ、ONKYO製サウンドカードを標準搭載した静音ミニタワーPC「Magnate Sound Edition」

サードウェーブデジノスは、オーディオ再生向きをうたう静音仕様のミニタワー型デスクトップPC「Magnate Sound Edition」を発売した。

[ITmedia]
photo Magnate Sound Edition

 サードウェーブデジノスは12月21日、静音仕様のミニタワー型デスクトップPC「Magnate Sound Edition」を発表、本日より販売を開始した。BTOカスタマイズに対応、標準構成価格は10万4970円(税込み)。

 Magnate Sound Editionは、オーディオ再生への特化をうたったミニタワー型のデスクトップPCで、オンキヨー製の上位サウンドカード「SE-300PCIE」を装備した。本体仕様は静音を重視した仕様となっており、CPUとしてCore i3-3220T(2.8GHz)を標準搭載し静音タイプのCPUクーラーを採用。またHDDは遮音ボックスを装着している。

 メモリはDDR3 8Gバイト、HDDは2Tバイト(WD Red)を内蔵、光学ドライブは静音モードや「PureRead3+」機能などを備えるパイオニア製Blu-ray Discドライブ「BDR-S08J-BK」を搭載した。OSはWindows 7 Home Prmeium 64ビット版だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう