ニュース
» 2012年12月22日 16時24分 UPDATE

3連休はアキバへ:秋葉原PCゲームフェスタ開幕――“化け物”級のSLIノートも参考展示

PCゲームの総合イベント「第6回秋葉原PCゲームフェスタ」が開幕した。12月22日から24日までの3連休、さまざまなPCゲームイベントがベルサール秋葉原で行われる。

[ITmedia]

年2回の恒例ゲームイベント「秋葉原PCゲームフェスタ」

 12月22日、サードウェーブデジノスが主催する日本最大級のPCゲームイベント「第6回秋葉原PCゲームフェスタ」がベルサール秋葉原で開幕した。22日より24日までの3日間、注目ゲームタイトルのタッチ&トライコーナーやFPSゲーム大会などでPCゲームを盛り上げていく。取材した初日は天候が悪かったものの、地下1階の特設ステージで行われた「Alliance of Valiant Arms」決勝戦(ゲームオン主催)の観戦者が開場前から並ぶ様子も見られ、多くのPCゲームファンがアキバに集った。

og_gamefes_001.jpgog_gamefes_002.jpgog_gamefes_003.jpg 会場には最新PCゲームタイトルの展示や試遊台を設置。ベルサール秋葉原地下1階の特設ステージでは、人気FPSのゲーム大会イベントも実施されている。初日はAVA(Alliance of Valiant Arms)で多くの観戦者がつめかけた

og_gamefes_007.jpgog_gamefes_008.jpgog_gamefes_009.jpg ゲームタイトル以外の展示も

 オープニングセレモニーに登壇したサードウェーブデジノス取締役社長の松野康雄氏は、「これまでPCゲームに特化した『ガレリア』(ドスパラの高性能PCブランド)を中心にコアビジネスを展開してきた。PCゲームフェスタは第6回を迎えたが、今回も人気タイトルメーカー様にご協賛いただき、PCゲームファンだけでなく、これまでPCゲームになじみがなかった人も楽しめるイベントになっている。こうしたイベントを通じてPCゲームファンを増やしていきたい」とあいさつした。

 続いて登壇したNHN JAPANゲームエンタープライズ事業グループのチェ ユンソッ氏は、「現在はスマートフォンなどさまざまなデバイスでオンラインゲームもできる環境だが、PCゲームにはパソコンでしか味わえない楽しみがある。PCゲームフェスタは6回目ということで、この秋葉原がPCゲームの発信地として定着していると感じている。是非このイベントでお気に入りのゲームを見つけてから帰ってほしい」と語った。

og_gamefes_004.jpgog_gamefes_005.jpgog_gamefes_006.jpg サードウェーブデジノス取締役社長の松野康雄氏(写真=左)。NHN JAPANゲーム本部ゲームエンタープライズ事業グループ パブリッシング1事業部長のチェ ユンソッ氏。NHN JAPANは日本オンラインゲーム協会の理事企業を務めている(写真=中央)。テープカットの様子(写真=右)

デスクトップ向けCPUとGeForce GTX 680M SLIを搭載するモンスターノートPCを披露

og_gamefes_010.jpg GALLERIAブランドにGeFroce GTX 680M SLI構成のゲーミングノートPCが登場

 秋葉原ゲームフェスタにあわせて「GALLERIA」ブランドのゲーミングノートPC「GM680M」と「GM680D」の2モデルが参考出品されていた。

 いずれも17.3型ワイド液晶ディスプレイ(1920×1080ドット)を搭載するノートPCで、ハイエンドモバイル向けGPU「GeForce GTX 680M」を2基搭載するSLI構成になっているのが最大の特徴だ。また、GM680MはCPUにCore i7-3940XM Extreme Editionを搭載するが、GM680DはチップセットにIntel X79 Expressを採用し、デスクトップ向けのCPUを搭載する(なお、試作機はCore i7-3820だったが、製品版ではCore i7-3960X Extreme Editionを採用予定という)。さらにGM680Dは、5.1チャンネルスピーカーを内蔵し、DisplayPort、HDMI、DVI-Iの各出力で3画面出力が可能だ。

 そのほかの基本スペックはほぼ共通で、メモリ容量は16Gバイト(最大32Gバイト)、ストレージは128GバイトSSD+1TバイトHDDという構成になる。ネットワーク機能は、IEEE802.11b/g/nとギガビットLANおよびBluetooth 4.0。本体サイズと重量は、GM680Mが419(幅)×293(奥行き)×49.7(高さ)ミリ/約3.9キロ、GM680Dが419(幅)×286(奥行き)×62.1(高さ)ミリ/約5.5キロ。バッテリー駆動時間はまだ確定していないとのことだが、SLI動作でなければ2時間程度、SLI時でも1時間は動くようだ。

og_gamefes_011.jpgog_gamefes_015.jpgog_gamefes_014.jpg GM680D。黒で統一した外装。パームレストはヘアライン加工が入っている。天板は電源オン時にロゴが光る。キーボードバックライトも搭載

og_gamefes_012.jpgog_gamefes_013.jpgog_gamefes_016.jpg 左側面と右側面。4基のファンを内蔵し、底面から吸気して背面へ流れるエアフローだ

og_gamefes_018.jpgog_gamefes_019.jpgog_gamefes_017.jpg GM680Mの左右側面。ちなみにACアダプタは、両モデルとも300ワットモデルを利用する仕様だ。しかもデスクトップアーキテクチャを採用するGM680Dは、この巨大なACアダプタを2つを使うという

 ドスパラの製品担当者は「ゲームのためにデスクトップPCと同等のパフォーマンスを求めていても、設置スペースの都合でどうしてもノートPCでなければならない人もいます。そうした人に注目して頂きたいですね。これ(GM680D)をノートPCと呼んでいいのであれば、最強のノートPCなのは間違いないでしょう」と語っている。発売時期は未定だが、2013年の1月か2月(おそらく2月頭になるとのこと)、価格も「30万円は超えないようにしたい」(同氏)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.