ニュース
» 2013年01月31日 15時18分 UPDATE

ソニー、メモリカードやUSBメモリをWi-Fi化できる“ポータブルワイヤレスサーバー”を発表

ソニーは、SDカード/メモリースティックを無線LAN接続可能とする“ポータブルワイヤレスサーバー”こと「WG-C10」を発売する。

[ITmedia]
photo WG-C10

 ソニーは1月31日、SDカード/メモリースティックを無線LAN接続可能とする“ポータブルワイヤレスサーバー”こと「WG-C10」を発表、4月30日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は9000円前後だ。

 WG-C10は、SDカード/メモリースティック対応スロットを内蔵した小型デバイスで、IEEE802.11b/g/n接続機能を搭載。PCやスマートフォン/タブレット機器から無線経由でカード内のデータにアクセスできる。複数同時接続にも対応しており、最大で8台までの機器で共有が可能だ。

 USBホスト機能も搭載しており、USBメモリなどを接続することでワイヤレスアクセスを行える。バッテリーは容量2210mAhのリチウムイオン電池を内蔵、連続駆動時間は最大で約10時間だ。また、USBポートはバスパワー供給も可能で、スマートフォンなどの予備電源として利用することもできる。

 本体サイズは約50(幅)×105(奥行き)×18.5(高さ)ミリ、重量は約135グラム。対応OSはWindows XP/Vista/7、Mac OS X 10.6以降、Android 2.3/4.0以降、iOS 5.0以降。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう