ニュース
» 2013年03月06日 12時57分 UPDATE

ドスパラ、Quadro K4000搭載のハイエンドデスクトップ「Raytrek LC-e K4000Pro」など3製品

サードウェーブデジノスは、3DCG作業などに向くQuadro搭載デスクトップPC計3モデルを発表した。

[ITmedia]

 サードウェーブデジノスは3月6日、3DCG作業などに向くQuadro搭載デスクトップPC「Raytrek Quadro K」シリーズを発表、3月末に販売を開始する。ラインアップは、コンパクト筐体採用の下位モデル「Raytrek JF K600」、ミニタワー筐体採用の中位モデル「Raytrek LT K2000」、ミドルタワー筐体採用の上位モデル「Raytrek LC-e K4000Pro」の3製品を用意。標準構成価格はそれぞれ8万4980円/13万6980円/25万9980円(税込み)。

photophotophoto Raytrek JF K600(左)、Raytrek LT K2000(中)、Raytrek LC-e K4000Pro(右)

 3製品は、Quadro K600/Quadro K2000/Quadro K4000搭載グラフィックスカードをそれぞれ標準装備したプロフェッショナル作業向けのデスクトップPCだ。標準搭載CPUは、それぞれCore i5-3470/Core i7-3770/Core i7-3930K。メモリは8Gバイト/32Gバイト、HDDは1Tバイト/2Tバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵、OSはWindows 7 Home Premium/Profissonalを標準で導入した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう