ニュース
» 2013年03月18日 14時30分 UPDATE

富士通研、PC/スマホのカメラで“最短5秒”顔を映すだけで脈拍計測ができる技術を開発

富士通研究所は、専用の計測機器などを用いることなく顔の画像から脈拍をリアルタイム計測できる技術を開発した。

[ITmedia]
photo

 富士通研究所は3月18日、顔の画像から脈拍をリアルタイム計測できる技術を開発したと発表した。

 今回開発されたのは、スマートフォンやタブレット、PCなどの内蔵カメラやWebカメラで撮影した顔の画像から、リアルタイムで脈拍を計測することが可能な技術で、顔表面の輝度変化を捕らえることにより脈拍を検出する仕組み。専用の計測機器などを用いることなく導入が可能で、最短で5秒カメラで顔を撮影するだけで脈拍数を算出できる。また、離席時や顔が横を向いた状態などのデータを除外する自動除去機能も搭載。これにより、一日を通じた継続的な脈拍計測も行えるとしている。

 今回の技術の詳細については、2013年3月19日に岐阜で開催される「2013年電子情報通信学会 総合大会」にて発表の予定。2013年度の実用化を目指すとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう