ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「脈拍」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脈拍」に関する情報が集まったページです。

G-SHOCKに心拍計・GPS機能搭載の新モデル 健康チェックやトレーニングに対応 5万5000円
カシオ計算機が心拍計とGPS機能を搭載した「G-SHOCK」を4月24日に発売する。価格は5万5000円(税込)。(2020/2/26)

ウェアラブルニュース:
作業員の安全を見守る、腕時計型バイタルサインの新モデルを発売
セイコーインスツルは、建設現場などで作業員の安全を見守る「腕時計型バイタルセンサ」に改良を加え、実用性を向上させた新型モデルを発表した。時刻、体表面温度、脈拍を表示する液晶画面を新たに設置している。(2020/2/10)

テラヘルツ波の導波路構造を工夫:
テラヘルツ波レーダーを開発、衣服越しに拍動計測
慶應義塾大学と情報通信研究機構(NICT)は、小型で固高い分解能を持つテラヘルツ波レーダーを共同開発した。これを用いて、心拍の動きを衣服の上から非接触で計測できることを実証した。(2020/1/31)

ガーミン、水中で心拍計測できるGPSスマートウォッチ「Garmin Swim 2」を1月30日に発売
ガーミンジャパンはがGPSスマートウォッチ「Garmin Swim 2」を発売する。その名の通り、スイミングに関するさまざまなな指標を計測・保存できる「スイミングモード」を搭載していることが特徴だ。(2020/1/16)

GPS内蔵のスマートバンド「HUAWEI Band 4 Pro」、1月17日から順次発売 8800円
ファーウェイ・ジャパンは、1月17日からスマートバンド「HUAWEI Band 4 Pro」を順次発売する。GPSを内蔵し、トレーニングのデータをリアルタイムに記録。心拍数や睡眠モニタリングをはじめ、11種のワークアウトに対応する。(2020/1/14)

メイプル超合金、新幹線で神谷明に遭遇して“ひでぶ”してしまう 「アタシはもう死んでいる」「心拍数が270まで上がる」
3人とも最高の笑顔。(2020/1/13)

パロディーブランド「フランク三浦」がスマートウォッチ発売 心拍、睡眠など計測 7480円
「フランク三浦」からスマートウォッチが登場。スマートフォン(iPhone/Android)とBluetooth接続できる他、心拍、睡眠、消費カロリーを計測する機能、電話の着信やSNSの新着メッセージを通知する機能などを搭載する。価格は税込7480円。(2019/12/23)

ガーミン初、ソーラー充電に対応したスポーツ向けGPSウォッチ発売 GPSや心拍計も搭載
ガーミンジャパンは、ランニングや登山、ゴルフなどのスポーツシーンを想定したGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」を発売する。同社初のソーラー充電モデルだ。(2019/12/17)

心拍から発電も? 磁石みたいな“電石”が液体に 電池いらずの生体センサー実現に光
国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)と産業技術総合研究所が、半永久的に静電気をためられる液状物質を開発した。小さな振動を電気信号に変換できる柔軟な素材として、脈拍・心拍センサーなど生体センサーへの応用が見込めるという。(2019/11/8)

東京モーターショー2019:
ドライバーモニタリング用カメラの用途さまざま、脈拍測定から音声認識まで
三菱電機は「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、MaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)用の車両向けの乗員センシング技術を発表した。(2019/10/29)

東京モーターショー2019:
三菱電機のMaaSキャビンは近赤外線カメラで脈拍測定、複数人の会話を聞き分け
三菱電機は2019年10月8日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、最新のセンシング技術とHMI(ヒューマンマシンインタフェース)技術を搭載したコンセプトキャビン「EMIRAI S」を出展すると発表した。(2019/10/16)

アナログ回路設計講座(27):
PR:イヤフォンに組み込める光学式心拍数測定システムの実力を検証
光学センサーを使用した心拍数の測定は、手首よりも耳の方が適している。ただ、耳での光学式心拍数測定は医療分野に限られ、民生機器分野ではセンサーの小型化が難しいなどの理由で実用化に至っていない。しかし、最近になって、イヤフォンに内蔵可能な小型の光学式心拍数測定ソリューションが登場した。果たしてこのシステムは実用的なものか、詳しく検証したい。(2019/10/9)

PR:プロトレックスマート初! 心拍計搭載のタフなスマートウォッチ「WSD-F21HR」誕生秘話
(2019/9/27)

ASUS、健康管理に適したスマートウォッチ「ASUS VivoWatch BP (HC-A04)」発売
ASUS JAPANが新型のスマートウォッチを発売。心拍数・健康データの測定や精神的ストレス状態のチェック、1日のアクティビティ確認をはじめ運動量のリアルタイムデータ、睡眠時間なども把握できる。(2019/8/2)

「興奮してどーにかなりそう」 「おっさんずラブ」ファン待望の田中圭&林遣都ショットにファンの心拍数が上昇
ああ、「Revival」が脳内再生される。(2019/7/14)

医療技術ニュース:
マイクロ心臓の開発へ、培養した心筋細胞で自律的な拍動組織を形成
理化学研究所は、微小溝を持つシリコーンゴム製シート上で心筋細胞を培養し、拍動組織「心筋ブリッジ」を自発的に形成することに成功した。拍動組織は自律的に拍動し、培養液を動かすポンプの働きをするという。(2019/6/17)

医療機器ニュース:
心音・肺音を強調し、記録や共有もできる聴診器デジタル化ユニット
シェアメディカルは、聴診器デジタル化ユニット「ハミングバード」を発表した。後付けで装着するだけで、既に持っている聴診器を簡単にデジタル化できる。心音や肺音を強調、補正して聞き取りやすくし、音声の記録や共有も可能だ。(2019/5/30)

医療機器ニュース:
胸ストラップ心拍センサーと腕心拍センサーがANT+通信に対応
ポラール・エレクトロ・ジャパンは、心拍センサーの「Polar H10」と「Polar OH1」がANT+通信に対応したことを発表した。アップデートにより、既存のH10、OH1もANT+通信に対応する。(2019/5/10)

医療機器ニュース:
ゴム製圧電センサーを用いた生体情報診断用機器を開発
住友理工は、心拍や呼吸などの生体情報(バイタルデータ)を同時に計測できる診断用機器「体動センサー」を開発した。ゴム製の圧電センサーとして、世界で初めて実用化した。(2019/4/22)

カラー有機EL搭載の「HUAWEI Band 3」3月29日発売 6100円
ファーウェイは、3月29日に多機能性スマートバンド「HUAWEI Band 3」を発売する。ディスプレイには大きなカラー有機ELタッチスクリーンを搭載。5気圧防水や心拍数・睡眠時間の計測などの機能を備える。市場想定価格は6100円(税別)。(2019/3/21)

MobvoiがWear OS搭載「TicWatch」2機種を発売 税込2万円前後で水泳対応
中国Mobvoiが、Wear OS by Googleを搭載するスマートウォッチ「TicWatch E2」と「TicWatch S2」を発売。税込みで2万円前後という手頃な価格ながら心拍センサーを備え、5気圧防水にも対応している。(2019/3/12)

ウェアラブルIoT:
アジア航測ら「ウェアラブルIoT」を橋梁工事で試行、作業員の健康状態や作業効率を“可視化”
アジア航測ら5者から成るコンソーシアムは、作業員の生体データと位置情報を取得して、建設現場の安全管理と生産性向上に役立つウェラブルIoT技術を橋梁(きょうりょう)工事で試験運用し、有用性を確認した。この技術では、作業員の心拍数や位置情報、姿勢、加速の回数、つまずき回数を高精度に取得することで、健康状態、現場の配置状況、作業効率などを可視化する。(2019/2/27)

AirPods 2は耳から落ちにくくなる? 心拍センサー、ブラックモデルも
AirPods 2は現行と同じデザインで音質向上と新機能が追加される?(2019/2/12)

医療機器ニュース:
柔らかいナノメッシュセンサーで、拍動する心筋シートの表面電位を計測
東京大学は、細胞と同様の柔らかさを持つナノメッシュを電極としたセンサーを開発した。これをヒトiPS細胞由来心筋細胞シートにじかに接触させ、拍動を阻害せずに、表面電位を長時間安定して計測した。(2019/1/24)

ケイト・スペード、タッチスパネル対応スマートウォッチを2月下旬発売 4万円台
ケイト・スペード ニューヨークは、1月9日にタッチスクリーンスマートウォッチ「Scallop Smartwatch 2」を発表。ブランド初のタッチスクリーンを搭載し、心拍センサーやGPSトラッキングなどの機能も備えている。全3モデルの価格は4万2000円〜4万9000円(税込)で、2月下旬に先行発売を行う予定だ。(2019/1/9)

バラして見ずにはいられない:
「Apple Watch Series 4」を分解して分かった、「3」との違い
「Apple Watch Series 4 GPS + Cellular」、画面サイズ44mmの分解レポートをお届けする。ウォッチはAppleの実験場といわれているが、今回も見どころ満載。特に大きく変わったのが心拍センサーだ。(2018/11/30)

Huawei、独自OSのスマートウォッチ「Huawei Watch GT」発表 199ユーロから
Huaweiが、スマートウォッチ「Watch GT」を発表した。独自OS搭載で、一般的な使用であれば1回の充電で約2週間持つという。フィットネストラッキング、心拍計、睡眠機能も搭載し、価格は199ユーロ(約2万6000円)から。(2018/10/17)

最長25日持続のスタミナ、GPS対応のアナログスマートウォッチ「Steel HR Sport」実機レビュー 新生Withingsの実力は
GPS対応のアナログスマートウォッチ「Steel HR Sport」を試した。運動や睡眠、心拍数を計測する他、さまざまなアプリの通知に対応。最長25日持続するスタミナも魅力だ。(2018/10/10)

ウェアラブルニュース:
健康管理アプリの検証効率化へ、心電図など測れる開発用ウェアラブル端末
Maxim Integrated Products(マキシム)は2018年9月26日、ヘルスケア向け腕時計型ウェアラブル端末の開発プラットフォーム「Health Sensor Platform 2.0(HSP2.0)」を発表した。心電図や心拍数、体温を計測するマキシムのセンサーを、ウェアラブル端末の腕時計部分に収めた。(2018/9/26)

ディーゼル、泳げる防水機能を備えたスマートウォッチ「Full Guard 2.5」9月末以降に発売
ディーゼルは、9月末以降にタッチスクリーンスマートウォッチ「Full Guard 2.5」を発売。心拍センサー、GPS、泳げる防水機能などを備え、4タイプのバリエーションで展開する。(2018/9/4)

Fossil、「Wear OS」スマートウォッチ第4世代発表 心拍計やGoogle Pay、防滴追加
米ライフスタイルブランドのFossilが、GoogleのウェアラブルOS搭載の新スマートウォッチ「Q Venture HR」と「Q Explorist HR」の第4世代を発表。心拍計やGoogle Pay、GPSなどが追加された。米国での販売価格は275ドル。(2018/8/8)

SPORTEC2018:
胸に当てるだけで心拍数測定、スマホで確認できるスマート聴診器「Skeeper」
胸に当てるだけで心拍数がどのくらいか、不整脈になっていないかなどを確認できる“スマート聴診器”が東京ビッグサイトで開催中の「SPORTEC2018」に展示されている。韓国企業のSMARTSOUNDが開発し、日本でも販売予定。(2018/7/25)

医療機器ニュース:
心臓の鼓動を正確に再現する人工筋肉、手術訓練シミュレーターに
豊田合成とイービーエムは、電気で機能する人工筋肉「e-Rubber」を用いて、心臓の鼓動を正確に再現できる手術訓練シミュレーター「SupeR BEAT」のプロトタイプを共同開発した。2019年秋に販売開始を目指す。(2018/7/19)

医療機器ニュース:
フィットネスアプリ向けのウェアラブル評価・開発プラットフォームを発表
Maxim Integrated Productsは、ウェアラブル設計者がバイタルサイン、生データを簡単に抽出できる「MAX-HEALTH-BAND」と、心電図(ECG)や心拍数を監視できる「MAX-ECG-MONITOR」を発表した。(2018/7/11)

医療機器ニュース:
心拍変動データから感情を可視化、感情疲労や心理的負荷を早期発見
NECは、心拍変動データから感情を可視化する「NEC 感情分析ソリューション」を発表した。同ソリューションにより、企業は従業員の隠れた感情疲労や心理的負荷を把握して、業務支援や注意喚起など適切な対応を早期に取ることが可能となる。(2018/6/26)

医療機器ニュース:
24GHzレーダーを利用したバイタルセンサー・プラットフォームを開発
アナログ・デバイセズとサクラテックは、24GHzレーダーベースのバイタルセンサー・プラットフォームを共同開発した。対象者に接触することなく、複数の対象者の心拍・呼吸を長時間にわたってモニターできる。(2018/6/19)

医療機器ニュース:
電池式で約1年稼働、サブGHz帯で通信する腕時計型バイタルセンサー
セイコーインスツルは、腕時計型のバイタルセンサーを2018年5月より提供開始する。使用者の体温や心拍などを無線で発信し、健康状態の監視に活用できる。(2018/5/18)

VLSIシンポジウム2018プレビュー:
非接触心拍センサーから7nmプロセスまで、VLSIの今
「Symposium on VLSI Technology」と「Symposium on VLSI Circuits」が2018年も米国ハワイ州ホノルルで開催される。本稿では、両会議の概要と注目論文を紹介する。(2018/4/18)

医療機器ニュース:
シート型生体センサーで睡眠状態を即時解析、介護見守りサービス
凸版印刷は、シート型生体センサーを用いて心拍・呼吸データなどを取得し、リアルタイムで睡眠状態を解析する見守りサービス「SensingWave 介護見守りシステム」を販売する。介護負担の軽減や業務効率向上が期待できる。(2018/4/13)

日本は「睡眠の質」も下位:
日本人の睡眠時間は28カ国中最短 最長だった国は……?
日本人の睡眠時間は主要28カ国の中で最短――心拍計などを販売するポラール・エレクトロ・ジャパンが世界のユーザーデータをまとめた結果、こんな結果が出た。(2018/4/10)

医療機器ニュース:
産後うつや周産期のストレスを心拍測定で早期発見、「スマートテキスタイル」で
東北大学が企業と共同で、産後うつの研究向けに妊婦用スマートテキスタイルを開発した。ウェアラブル心拍センサーとフィルム状導電素材を使用し、圧迫感が小さく着脱しやすい自然な装着感と測定精度を両立する。(2018/1/26)

ITmedia デジタルライフスタイル通信:
ソニー「wena wrist active」はフィットネス系アプリと連携できる?
第2世代になったソニーのスマートウォッチ「wena wrist」にGPSや光学式の脈拍センサーを備えた「wena wrist active」が登場しました。心拍数を計測できれば、フィットネス時にも使えるかもしれません。(2017/12/8)

マキシム MAX8614x/MAX30001:
ウェアラブル機器向けのセンサーソリューション
Maxim Integrated Productsは、光学式パルスオキシメーターおよび心拍センサー「MAX86140」「MAX86141」と、心電図(ECG)および生体インピーダンス(BioZ)アナログフロントエンド(AFE)「MAX30001」を発表した。(2017/12/5)

寄り道テック:
「声優の心臓の音が聞ける」 どうしてこうなった「サマーレッスン」の“隠し機能”
「実はキャラクターの心音まで聞けます」――VRゲーム「サマーレッスン」にはそんな“隠し機能”がある。(2017/11/28)

医療機器ニュース:
ウェアラブル機器の生体センシング、臨床レベルの精度と小型省電力の要求高まる
Maxim Integrated Products(マキシム)は、ヘルスケア用途のウェアラブル機器向けに心拍数や脈拍、呼吸数を測定するセンサーの新製品「MAX86140/MAX86141」「MAX30001」を発表した。(2017/11/27)

5気圧防水のフィットネスバンド「Galaxy Gear Fit2 Pro」、11月1日発売
Samsungは、5気圧防水で水泳時でも使えるフィットネスバンド「Galaxy Gear Fit2 Pro」を発売。移動ルート、距離、心拍数、消費カロリーなどを確認できるほか、最大で500曲の音楽を直接保存可能となっている。(2017/10/19)

7.5cm離れていれば大丈夫:
ミリ波バイタルセンサー、非接触で心拍数を計測
京都大学のCenter of Innovation(COI)とパナソニックは、離れた場所から心拍数と心拍間隔を計測できる、小型で高感度の「非接触ミリ波バイタルセンサー」を共同開発した。【訂正あり】(2017/9/29)

医療機器ニュース:
介護施設や保育施設を見守るミリ波レーダー、79GHz帯化で10分の1サイズに
京都大学のCenter of Innovation(COI)とパナソニックは、離れたところから高精度に心拍数と心拍間隔を計測できる生体情報センシングセンサーを小型化/高感度化した「非接触ミリ波バイタルセンサー」を共同開発した。2018年度に保育施設などで予定されている実証実験を経て、さまざまなアプリケーションの検討を進めていく。(2017/9/27)

ファーウェイ、5気圧防水やGPS機能を備えたスポーツリストバンド「HUAWEI Band 2/Band 2 Pro」発売
ファーウェイは、装着したまま泳げる5気圧防水やランニングに便利なGPS機能、心拍数測定などの機能を搭載したスポーツリストバンド「HUAWEI Band 2/Band 2 Pro」を発売する。(2017/8/31)

米FDA、心臓ペースメーカーのリコール発表 脆弱性を突かれ患者に危害が及ぶ恐れ
脆弱(ぜいじゃく)性を悪用されれば、患者のペースメーカーに他人が不正アクセスしてプログラミングコマンドを改ざんできてしまう恐れがある。(2017/8/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。