調査リポート
» 2013年04月12日 22時10分 UPDATE

「PCリサイクルマーク」搭載製品が過半数に:メーカーによる使用済みPCの回収/リサイクル台数、2012年度は約42万台に

パソコン3R推進協会がPCメーカーによる使用済みPC回収/リサイクル実績を発表。2012年度は前年に比べて台数が微増、またPCリサイクルマークが付いた製品の出荷台数が、初めて全出荷台数の半数を超えた。

[池田憲弘,ITmedia]

 パソコン3R推進協会は4月12日、2012年度のPCメーカーによる使用済みPC(ディスプレイを含む)回収実績を発表した。2012年度の全回収台数は2011年度比1%増となる41万9511台。2009年度より4年連続で増加している。

 製品ジャンル別では、デスクトップPCが前年比3%減の12万7499台、ノートPCが同11%増の12万5849台、CRTディスプレイが同22%減の4万393台、液晶ディスプレイが同6%増の12万5770台。ジャンル別の構成比については、デスクトップPCとCRTディスプレイが年々減少し、ノートPCと液晶ディスプレイが増加する傾向にある。

photophoto 使用済みPC+ディスプレイの回収実績の推移(写真=左)。製品ジャンル別の構成比(写真=右)

 PCを廃棄する際にメーカーが無償で回収する「PCリサイクルマーク」が付いた製品は年度ごとに増えており、2012年度は個人向けPCの54%を占めた。同協会が2003年10月に施策を開始して以来、初めて半数以上の出荷製品にマークが付けられたという。

関連キーワード

PC | ディスプレイ | 回収 | リサイクル


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.