ニュース
» 2013年05月23日 12時00分 UPDATE

印刷速度22枚/分、有線/無線LAN搭載で3万円前後:ブラザー、高さ240ミリの両面対応A4カラーレーザープリンタ「HL-3170CDW」

ブラザーの「HL-3170CDW」は、高さ240ミリのコンパクトボディで自動両面印刷に対応したA4カラーレーザープリンタ。発売は6月上旬の予定だ。

[ITmedia]
tm_1305_hl-3170cdw_01.jpg A4カラーレーザープリンタ「HL-3170CDW」

 ブラザー販売は5月23日、レーザープリンタ/複合機「JUSTIO(ジャスティオ)」シリーズの新製品として、A4カラープリンタ「HL-3170CDW」を発表した。2013年6月上旬に発売する。価格はオープン、実売価格は3万円前後の見込み。

 高さ240ミリのコンパクトボディに、自動両面印刷や有線/無線LANの機能を搭載したA4カラーレーザープリンタ。片面印刷の速度はカラー/モノクロとも22枚/分と、従来機(HL-3040CN)の16枚/分から高速化した。両面印刷の速度は、カラー/モノクロとも最高7ページ枚/分だ。ウォームアップ時間はスリープからで26秒以下、電源オフからで27秒以下、ファーストプリントはカラー/モノクロとも16秒以下となる。

 インタフェースはUSB 2.0、100BASE-TXの有線LAN、IEEE802.11b/g/nの無線LAN(Wi-Fi Direct対応)を標準搭載。無料でダウンロードできる独自アプリ「Brother iPrint&Scan」を利用することで、iOS/Android端末から、文書や写真、Webページがプリント可能だ。AirPrintとGoogle Cloud Printにも対応する。その他の対応OSは、Windows XP/Vista/7/8、Windows Server 2003/2008/2008 R2/2012、Mac OS X 10.6.8以降だ。

 スリープ(ディープスリープ)時の消費電力は、従来機(HL-3040CN)の約8ワットから約0.6ワットへ大幅に削減。ブラザー独自の低待機電力技術「グリーンスタンバイ」を採用し、電源基板と製品動作を最適に制御することで、電源オフ時の消費電力は約0.03ワットに抑えた。印刷時は700ワット、ピーク時は435ワット以下、スタンバイ時は60ワットだ。ランニングコストはカラー17.3円/枚、モノクロ3.7円/枚。

 給紙容量は250枚+手差し1枚。本体サイズは410(幅)×465(奥行き)×240(高さ)ミリ、重量は約17.7キロ(消耗品含む)。装置寿命は10万枚または5年間。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.