ニュース
» 2013年06月03日 14時15分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2013:Acer、8.1型のWindows 8タブレットを発表

AcerがCOMPUTEX TAIPEI 2013に合わせて、今夏に発売予定の製品群を発表。同社が“世界最小”とうたう8.1型のWindows 8搭載タブレットが登場した。

[池田憲弘,ITmedia]
photo 8型ディスプレイを搭載するWindows 8タブレット「Iconia W3-810」

 片手で持てる小型Windowsタブレットがついに登場する。

 Acerは、6月3日に台北市で記者説明会を行い、今後投入を予定している新製品を公開した。ここでは速報として8.1型ディスプレイを搭載するWindows 8タブレット「Iconia W3」を取り上げる。

 「Iconia W3-810」は32ビット版Windows 8を搭載するWindowsタブレット。1280×800ドット表示対応の8.1型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、重量は約540グラム。本体サイズは218.96(幅)×134.9(奥行き)×11.35(高さ)ミリだ。

photophoto 重さは540グラムなので、縦持ちも楽に行える(写真=左)。Officeもプリインストールする(写真=右)

 ストレージは32Gバイトまたは64Gバイト(eMMC)、CPUはAtom Z2760(1.8GHz)で、バッテリー動作時間は最大8時間としている。インタフェースはMicro HDMI、Micro USB、Micro SDカードスロット、200画素のインカメラとアウトカメラなどを装備。Office Home and Student 2013をプリインストールする。オプションとして専用のBluetoothキーボードを用意しており、キーボードにタブレットを装着して持ち運ぶことも可能だ。

 日本での発売時期については「近日発表予定」(日本エイサー)としており、発売が待たれる。そのほかの製品については後刻掲載する予定だ。

photophoto 上面にmicro SDカードスロットと音量調節ボタンを備える。下面にインタフェースはない
photophoto 左右側面にはMicro HDMI、Micro USBなどを配置する
photophotophoto 専用のBluetoothキーボードが付属する。キーボードはスタンドの役割も果たす(写真=左)。裏側にタブレットを装着するスペースがあり、一緒に持ち運べる仕組みだ(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう