ニュース
» 2013年06月06日 12時26分 UPDATE

ASUS、Core i5搭載の“ハイスタンダード”ノートPC「X550VC」など3モデル

ASUSTeKは、15.6型ワイド液晶ディスプレイを標準装備するスタンダードノートPC「X550」シリーズを発表。特色の異なる3モデルを用意した。

[ITmedia]

 ASUSTeKは6月6日、15.6型ワイド液晶ディスプレイを標準装備するスタンダードノートPC「X550」シリーズ計3モデル「X550VC」「X550CC」「X550DP」を発表、6月8日より順次販売を開始する。いずれもディスプレイは1366×768ドット表示対応の15.6型ワイド液晶を内蔵。OSはWindows 8 64ビット版を導入した。

photophotophoto X550VC(左)、X550CC(中)、X550DP(右)

 X550VCは、“ハイスタンダード”モデルとなるノートPCで、CPUとしてCore i5-3230M(2.6GHz)、グラフィックスコアとしてGeForce GT 720M/2Gバイトを搭載したモデルだ。メモリは8Gバイト、HDDは1Tバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを搭載した。価格はオープン、予想実売価格は8万9800円。

 X550CCは、計4色のカラーバリエーションを用意した“スタイリッシュ”モデル。カラーバリエーションはダークグレー/ホワイト/レッド/ブルーの4色をラインアップ、それぞれCeleron 1007U(1.5GHz)搭載モデルを用意した。またCore i5-3337U(1.8GHz)搭載の上位構成モデル(カラーはダークグレーのみ)もラインアップしている。いずれもメモリは4Gバイト、HDDは500Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを搭載、グラフィックスコアはGeForce GT 720M/2Gバイトを搭載した。価格はオープン、予想実売価格はCelronモデルがいずれも5万4800円、Core i5モデルが7万9800円だ。

 X550DPは、AMD製クアッドコアAPUとなるA8-5550M(2.1GHz)、およびRadeon HD 8670M/2Gバイトを標準搭載した“エンターテインメント”モデル。メモリは4Gバイト、HDDは500Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを装備した。価格はオープン、予想実売価格は6万9800円。

関連キーワード

ASUS | Core i5 | ノートPC | GeForce | GPU | APU | Celeron | Windows 8



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう