ニュース
» 2013年06月11日 05時38分 UPDATE

200を超える新機能:アップル、次期OS X「Mavericks」を今秋リリース

アップルは、開発者向けイベント「WWDC 2013」で次期OS X「Mavericks」の新機能を披露した。正式リリースは2013年秋予定。

[ITmedia]
og_mavericks_001.jpg 次期OS X「Mavericks」はMapsとiBooksが加わる

 アップルは6月10日(現地時間)、米国サンフランシスコで開催中のWWDC 2013において、10番目のメジャーアップデートとなる次期OS X「Mavericks」を今秋リリースすると発表した。

 OS X Mavericksでは、 iOS向けに提供されているMapsとiBooksが統合されるほか、Finderのタブ機能やファイルのタグ機能で検索性を向上。また、マルチディスプレイ機能も強化され、各ディスプレイでメニューとドックを利用できるようになり、複数のディスプレイで別々のフルスクリーンアプリを制御したり、Mission Controlのサムネイルをドラッグ&ドロップして、アプリを表示するディスプレイを切り替えられるようになった。Apple TVに接続したディスプレイを(AirPlayミラーリングではなく)セカンドディスプレイとして利用できるようになったのもポイントだ。

 新OSでは省電力性能とシステムパフォーマンスも向上するという。アプリの使用状況を細かく管理し、リソースと電力消費を抑えるほか、非アクティブなデータを圧縮してメモリに保持することで、従来のHDDやSSDに待避したデータの書き戻しに比べて高速化。スタンバイからの復帰速度も1.5倍に向上している。

 このほか、性能と使い勝手を改善した最新版のSafari、Webサイトのログインやクレジットカード番号などさまざまなパスワードを安全に一元管理するiCloud Keychain、Maps機能を統合したカレンダー、通知センターの新機能なども紹介された。

og_mavericks_002.jpgog_mavericks_003.jpg ファイルにタグを付加して検索性を向上(写真=左)。マルチディスプレイ機能が強化され、AirPlayで接続したAppe TVをフル機能が使えるセカンドディスプレイとして利用できるようになった(写真=右)

og_mavericks_004.jpgog_mavericks_005.jpg 使用中のアプリを中断せずにメッセージの返信やFaceTimeの呼び出しに応えられる通知センター(写真=左)。Mapsや天気予報の情報が追加された新しいカレンダー(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-