ニュース
» 2013年07月16日 20時45分 UPDATE

MHLにも対応、約2万円から:AOC、ノングレアタイプのIPS液晶ディスプレイ3製品

シネックスインフォテックがノングレアタイプのAH-IPS液晶ディスプレイ3機種を発売する。ダイナミックコントラストの高さや、狭額縁デザインを特徴としており、スマートフォンやタブレットとのMHL接続にも対応する。

[池田憲弘,ITmedia]
photo I2369VM

 シネックスインフォテックは7月16日、台湾TPV(AOCブランド)製の液晶ディスプレイ3製品を2013年7月下旬に発売すると発表した。ラインアップは21.5型ワイドの「I2269VWM」、23型ワイドの「I2369VM」、27型ワイドの「I2769VM」で、価格はオープン。実売価格はそれぞれ2万800円前後、2万2800円前後、3万5800円前後となる見込みだ。

 これらの製品は、液晶パネルに広視野角かつ低消費電力のAH-IPSパネルを搭載しつつ、目が疲れにくいノングレアタイプを採用した液晶ディスプレイだ。上側と左右のフレーム部分を10.6ミリに抑えた狭額縁デザインも特徴とする。

 主な仕様は解像度が1920×1080ドット、輝度が250カンデラ/平方メートル、応答速度が5ms、表示色数が1677万色となる。視野角は上下/左右ともに178度だ。映像入力インタフェースはアナログRGB、DVI-D(HDCP対応、デュアルリンク)、HDMI×2(うち1系統はMHL対応)、DisplayPortの4系統。音声入出力と2ワット+2ワットのステレオスピーカーも内蔵する。コントラスト比については、映像に合わせてバックライトを調光することで、2000万:1のダイナミックコントラストを実現した。

photophoto 約2000万:1というダイナミックコントラストの高さや(写真=左)、狭額縁デザインが特徴だ(写真=右)

 消費電力は最大35ワットで(I2769VM)、動画(静画)のアップスケール機能「クリアビジョン」や、画面の表示領域を仮想的に分割する機能「Screen+」なども備えた。スタンドは上21.5度、下3.5度のチルトが可能で、75×75ミリのVESAマウントに対応する。各モデルの本体サイズと重量は以下の通り。

ディスプレイ新機種の仕様
モデル名 I2269VWM I2369VM I2769VM
画面サイズ 21.5型ワイド 23型ワイド 27型ワイド
本体サイズ(幅×奥行き×高さミリ) 498.3×189.18×379.4 531.4×204×398 622×213×449
重量 3.5キロ 3.76キロ 4.99キロ
価格 2万800円前後 2万2800円前後 3万5800円前後

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.