ニュース
» 2013年08月19日 16時04分 UPDATE

オーエス、コントラスト比を高めたOptoma製モバイルプロジェクター「W304M」など2製品の取り扱いを開始

オーエスは、Optoma製となるWXGA/XGA表示対応のモバイルプロジェクター「W304M」「X304M」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 オーエスは8月19日、Optoma製となるWXGA/XGA表示対応のモバイルプロジェクター「W304M」「X304M」の取り扱いを発表、本日より販売を開始する。価格はともにオープン、予想実売価格はW304Mが10万3000円前後、X304Mが9万円前後の見込みだ。

photophoto W304M(左)、X304M(右)

 W304MおよびX304Mは、それぞれOptoma製DLPプロジェクター「EP1691i」「EP7155i」の後継機で、W304Mは明るさ3100ルーメン/1280×800ピクセル表示、X304Mは明るさ3000ルーメン/1024×768ピクセル表示をサポートしている。基本機能は従来モデルを踏襲しつつ、1万:1の高コントラスト表示を可能としたほか、ランプ寿命はブライトモード時で4000時間(エコモードモード時で5000時間)の長寿命を実現したのが特徴だ。

 映像入力はHDMI、アナログD-Sub、コンポジットビデオ入力などを装備。出力1ワットのモノラルスピーカーも内蔵している。また別売オプションの3D眼鏡を用いることで3Dコンテンツを楽しむことも可能だ。本体サイズは218(幅)×179(奥行き)×78(高さ)ミリ、重量は1.5キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.