ニュース
» 2013年08月28日 14時00分 UPDATE

2013年PC秋冬モデル:CPUを“Haswell”に刷新、バッテリー動作時間を大幅強化――「Let'snote SX3/NX3」

パナソニックが「Let'snote」シリーズの2013年秋冬モデルを発表。基本性能を強化したほか、“Haswell”世代の低電圧版CPUを採用したことで、バッテリー動作時間が大幅に伸びている。

[池田憲弘,ITmedia]

CPUと基本性能を強化、バッテリー動作時間は最大で約1.5倍に

 パナソニックは8月28日、「Let'snote」シリーズの2013年秋冬モデルを発表した。ラインアップは、2スピンドルの薄型ノート「Let'snote SX3」、1スピンドルの薄型ノート「Let'snote NX3」、そして14型ワイド液晶ディスプレイを搭載する新シリーズ「Let'snote LX3」の3機種だ。ここではLet'snote SX3とLet'snote NX3の2機種を取り上げる。

 SX3とNX3については、いずれもCPUを強化したマイナーチェンジで、ボディのデザインやストレージ以外の基本スペックはほぼ2013年夏モデルを引き継ぐ。発売日は2013年9月13日だ。なお、15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載する大画面ノート「Let'snote B」シリーズはラインアップから省かれた。

photophoto 光学ドライブを内蔵するモバイルノート「Let'snote SX3」(写真=左)と光学ドライブ非搭載の「Let'snote NX3」(写真=右)。どちらもCPUを“Haswell”世代に刷新し、バッテリー動作時間が大幅に強化された

 光学ドライブを内蔵する薄型ノートPC「Let'snote SX3」はCPUを“Haswell”世代の低電圧版CPU(Uシリーズ)に刷新し、バッテリー動作時間が大幅に伸びたのが主なトピックだ。秋冬モデルも夏モデルと同様、Core i7+256GバイトSSDの上位モデルと、Core i5+750GバイトHDDの下位モデルの2モデル展開となる。

 CPUは上位モデルがCore i7-4500U(1.8GHz/最大3GHz)、スタンダードモデルがCore i5-4200U(1.6GHz/最大2.6GHz)、メモリは4Gバイト(最大8Gバイト)、光学ドライブはDVDスーパーマルチ、液晶ディスプレイのサイズは12.1型ワイドで1600×900ドット表示に対応する。

 本体搭載のインタフェースは従来モデルと同様で、2基のUSB 3.0と1基のUSB 2.0、SDメモリーカードスロット、有線LANを備えるほか、映像出力インタフェースとしてHDMIとアナログRGBを用意する。無線接続はIEEE 802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth v4.0のほか、WiMAXが利用可能だ。OSは64ビット版Windows 8 Pro。

 店頭モデルは上位モデルにSバッテリーとLバッテリーの両方が付属し、下位モデルはSバッテリーが付属する。それぞれのバッテリー動作時間と本体サイズ、ならびに重量は以下の通りだ。価格はオープンで、実売価格は上位モデルが24万円(Office Home and Business 2013付属モデルは26万5000円前後)、下位モデルが19万円前後(Office Home and Business 2013付属モデルは21万5000円前後)となる見込み。

Let'snote SX3構成別のスペック
機種 バッテリー バッテリー動作時間 本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 重量
Core i7モデル バッテリーパック[S] 15時間 295×197.5×25.4〜31.5ミリ 約1.16キロ
バッテリーパック[L] 30時間 295×216.2×25.4〜31.5ミリ 約1.37キロ
Core i5モデル バッテリーパック[S] 13時間 295×197.5×25.4〜31.5ミリ 約1.19キロ
バッテリーパック[L] 26時間 295×216.2×25.4〜31.5ミリ 約1.4キロ

 Web販売限定のマイレッツ倶楽部モデルでは、CPUに未発表のvPro対応モデルを採用し、ストレージに512GバイトSSDを搭載するモデルも用意する。最小構成価格は20万2950円(税込み、以下同)。2013年9月上旬に予約受付を開始し、2013年9月中旬以降に出荷を開始する。

 光学ドライブを搭載しない1スピンドルノートのLet'snote NX3も、CPUをCore i5-3340M vPro(2.7GHz/最大3.4GHz)からCore i5-4200U(1.6GHz/最大2.6GHz)に刷新。バッテリー動作時間が13時間(Sバッテリー搭載時)に向上した。このほか、750GバイトHDDを搭載する点を除けば、従来モデル(2013年春モデル)と同様の仕様となる。価格はオープンで、想定実売価格は18万5000円前後。

 Web販売限定のマイレッツ倶楽部モデルも用意する。SX3と同様に未発表のvPro対応CPUを採用し、ラインアップはそれぞれ256GバイトSSD(プレミアムエディション)と750GバイトHDD(ハイパフォーマンスモデル)を搭載した2種類を用意する。価格はそれぞれ27万6500円と19万7950円。予約開始/発売時期はSX3と同じだ。

Let'snote 店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
Let'snote SX3 CF-SX3NETBR (Core i7モデル) 1スピンドル CPU、ストレージ強化 Core i7-4500U (1.8GHz/ 最大3GHz) 4GB(8GB) 256GB SSD 64ビット版 8 Pro 24万円前後
CF-SX3NEYBR (Core i7+Officeモデル) 1スピンドル CPU、ストレージ強化 Core i7-4500U (1.8GHz/ 最大3GHz) 4GB(8GB) 256GB SSD 64ビット版 8 Pro 26万5000円前後
CF-SX3NEABR/NEBBR (Core i5モデル) 2スピンドル CPU強化 Core i5-4200U (1.6GHz/ 最大2.6GHz) 4GB(8GB) 750GB HDD 64ビット版 8 Pro 19万円前後
CF-SX3NEPBR/NEQBR (Core i5+Officeモデル) 2スピンドル CPU強化 Core i5-4200U (1.6GHz/ 最大2.6GHz) 4GB(8GB) 750GB HDD 64ビット版 8 Pro 21万5000円前後
Let'snote NX3 CF-NX3YEABR 1スピンドル CPU強化 Core i5-4200U (1.6GHz/ 最大2.6GHz) 4GB(8GB) 750GB HDD 64ビット版 8 Pro 18.5万円前後
Let'snote 店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 バッテリー 光学ドライブ GPU vPro/Office 重量
Let'snote SX3 CF-SX3NETBR (Core i7モデル) 12.1型ワイド 1600×900 Sバッテリー+ Lバッテリー DVDスーパーマルチ CPU統合 約1.16キロ(Sバッテリー)
CF-SX3NEYBR (Core i7+Officeモデル) 12.1型ワイド 1600×900 Sバッテリー+ Lバッテリー DVDスーパーマルチ CPU統合 Office Home and Business 2013 約1.16キロ(Sバッテリー)
CF-SX3NEABR/NEBBR (Core i5モデル) 12.1型ワイド 1600×900 Sバッテリー DVDスーパーマルチ CPU統合 約1.19キロ
CF-SX3NEPBR/NEQBR (Core i5+Officeモデル) 12.1型ワイド 1600×900 Sバッテリー DVDスーパーマルチ CPU統合 Office Home and Business 2013 約1.19キロ
Let'snote NX3 CF-NX3YEABR 12.1型ワイド 1600×900 Sバッテリー CPU統合 約1.13キロ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.