ニュース
» 2013年09月17日 14時12分 UPDATE

パイオニア、世界初の“ワイヤレス接続対応”ポータブルBDドライブ「BDR-WFS05J」

パイオニアは、IEEE802.11nによるワイヤレス接続に対応したポータブルBlu-ray Discドライブ「BDR-WFS05J」を発売する。

[ITmedia]
photo BDR-WFS05J

 パイオニアは9月17日、ワイヤレス接続に対応したポータブルBlu-ray Discドライブ「BDR-WFS05J」を発表、2013年9月下旬に発売する。価格はオープン、実売価格は2万5000円前後の見込みだ。

 BDR-WFS05Jは、IEEE802.11a/b/g/nワイヤレス接続に対応したポータブルBlu-ray Discドライブ。ドック部に無線機能を備えており、ルータを経由した接続のほか、直接PCと接続することでUSB有線接続と同様に扱える“高速USB仮想化技術”にも対応しており、ワイヤレスでのデータ書き込みを行える。またドック部には任意のUSB機器を接続することも可能で、USBメモリやUSB接続対応HDDなどをワイヤレス接続で利用することもできる。

 ドライブ部はスロットローディング式のスリムデザイン筐体を採用。主な対応メディアと記録速度は、3層/4層BD-R 4倍速、1層/2層BD-R 6倍速、DVD±R 8倍速書き込みなどをサポートした。また、オーディオCDの読み取り精度を高める「PURE READ2+(原音再生)」、動作音を抑制する「アドバンスド静音ファームウェア」も搭載している。

 本体サイズおよび重量は、ドライブ側が20.3(幅)×135(奥行き)×135(高さ)ミリ/330グラム、ドック部が118(幅)×142(奥行き)×35(高さ)ミリ/200グラムだ。対応OSはWindows XP(SP3)/Vista/7/8。また後日の無償ファームウェアアップデートによりMac OS Xにも対応するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.