ニュース
» 2013年09月26日 11時00分 UPDATE

SIMロックフリーで3G通話も可能、ほどよく低価格な7型タブレット──「ASUS Fonepad 7」

ASUSから3Gモジュール内蔵の7型タブレット「Fonepad 7」が登場。Atom Z2560搭載でOSはAndroid4.2.1。SIMロックフリー+FOMAプラスエリア対応にて、価格は3万4800円前後。ほどよい価格帯を実現する。

[ITmedia]
「ASUS Fonepad 7」。SIMロックフリーで音声通話対応の3G通信モジュールを内蔵するのが特長 7型Androidタブレット「ASUS Fonepad 7」。SIMロックフリーで音声通話対応の3G通信モジュールを内蔵するのが特長

 ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は9月26日、SoCにAtom Z2560を採用した7型Androidタブレット「ASUS Fonepad 7」を発表。2013年10月中旬に発売する。価格はオープン、発売時想定実売価格は3万4800円前後。

 Fonepad 7は、SIMロックフリーの3G通信モジュールを内蔵した7型サイズのAndroidタブレット。厚さ10.5ミリ、重量約340グラムの小型ボディに、2色(ブラック、ホワイト)のカラーバリエーションとともに、国内/海外で手軽に持ち運び、データ通信と通話が行えるカジュアルさを特長とする。


photophoto ボディは7型サイズ。手にしやすいサイズ感を実現する。また、これまで本体底面にあったスピーカーを前面左右(横位置時)に配置することで「動画コンテンツ/音楽コンテンツの再生」をより自然に楽しめるよう考慮している
photo SIMロックフリーの3G通信モジュールを内蔵し、国内ではNTTドコモのMVNO各社が展開する低価格志向のSIMカードサービスを利用したい人に向く。音声サービス対応SIMカードを入手すれば、3Gでの音声通話も可能。評価機には、ASUSが動作確認を済ませたという各社SIMカードサービスの一部が登録されていた

 主な仕様は、プロセッサにAtom Z2560、メインメモリ1Gバイト、ストレージ8GバイトeMMC、1280×800ドット表示対応の7型ワイドIPS液晶ディスプレイ(10点マルチタッチ対応)、IEEE802.11a/b/g/n準拠のマルチバンド無線LAN、Bluetooth 3.0、3G通信モジュール(Micro SIMサイズ)など。インタフェースにMicro USB×1、microSDスロット(SDXC対応)、マイク/ヘッドフォン兼用端子、リア500万/フロント120万画素のカメラを実装する。

 3G通信は内蔵マイクと内蔵イヤースピーカーにより(使用するSIMカードの対応次第で)通話も可能。3Gは800M(Band 6)/850M(Band 5)/900M(Band 8)/1900M(Band 2)/2100MHz(Band 1)帯、2G(GSM/EDGE)は850M/900M/1800M/1900MHz帯での通信に対応する。国内ではNTTドコモのFOMAネットワークとソフトバンクモバイルのソフトバンク3Gサービスの周波数帯に対応(ただ、通信のための設定──APNを公開していない通信事業者があるため、実質はNTTドコモおよびNTTドコモのFOMAネットワークを使用するMVNOのSIMカードサービスで使用することになる)。

 特に、前モデル「Fonepad ME371MG」と比べ、800MHz帯を用いるFOMAプラスエリアでも使用できるよう対応周波数帯を強化し、より広いエリアで利用できる可能性を高めた。また、海外でも対応周波数帯を用いる現地通信サービスのプリペイドSIMカードを入手して利用することも可能だ。


photophoto 本体上面と底面 上面にはマイク/イヤフォン兼用端子と外部マイク、底面には充電/通信兼用Micro USBと外部マイク(2つめ)が備わる
photophoto 本体側面 左側面はSIMカードスロット(Microサイズ)、右側面は電源、ボリューム、microSDスロットが備わる


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.