ニュース
» 2013年10月08日 13時30分 UPDATE

2013年PC秋冬モデル:第4世代Core+21.5型フルHD液晶に進化したテーブルトップPC――「VAIO Tap 21」

ソニーの「テーブルトップPC」こと、画面を寝かせられる液晶一体型PCが「VAIO Tap 20」から「VAIO Tap 21」にモデルチェンジ。ディスプレイもボディも中身も刷新した。

[ITmedia]

寝かせて使える家族みんなのタッチPCが大幅進化「VAIO Tap 21」

tm_1310tap21_01.jpg 21.5型のテーブルトップPC「VAIO Tap 21」

 ソニーは10月8日、家族など複数の人と一緒に使うことを想定した21.5型の液晶一体型デスクトップPC「VAIO Tap 21」を発表した。店頭向けの3モデルを2013年10月19日に発売する。価格はオープン。

 VAIO Tap 21は、ソニーが昨年から「テーブルトップPC」と呼んでいる家庭向けの新スタイルPC。液晶一体型デスクトップPCながらバッテリーを内蔵し、画面が設置面に対して水平になるまで傾けられる「フリースタイルスタンド」を採用しているのが特徴だ。これにより、家庭内で配線を気にせず持ち運び、画面を立てて使う「デスクトップモード」、傾けてタッチ操作をしやすくする「タッチ快適モード」、水平に寝かせて複数の人でタッチ操作が行える「テーブルトップモード」の3つのモードで利用できる。

 2013年夏モデル「VAIO Tap 20」の後継となる製品で、液晶ディスプレイを1600×900ドットの20型ワイドから1920×1080ドットの21.5型ワイドに強化するとともに、ボディデザインも刷新し、CPUは第3世代Core(開発コード名:Ivy Bridge)から第4世代Core(開発コード名:Haswell)に移行した。従来の液晶一体型PC主力シリーズ「VAIO L」は販売終了となる。

 ・→最新PC速攻レビュー:「VAIO Tap 21」――より軽く薄く進化した“テーブルトップPC”を徹底検証

tm_1310tap21_02.jpg 画面を一度寝かせた状態から立てても、スタンドを手で戻す必要がなくなった

 新デザインのボディは背面にアルミカバーを採用し、スタンド機構を変更した。VAIO Tap 20は一度寝かせると、画面を立たせるときにスタンドも手で戻す必要があったが、VAIO Tap 21はスタンドに触ることなく画面のチルト角度を自由に調整できる。従来機で左右に分散していた端子類は左側面に集め、NFCは背面から前面に移動して使いやすくした。

 本体サイズは最小傾斜時で523.7(幅)×174.2(奥行き)×310.5(高さ)ミリ、最大傾斜時で523.7(幅)×321(奥行き)×35.5(高さ)ミリ、重量は約3.9キロだ。ボディの厚みを従来比で約20%薄型化し、画面を寝かせた状態での高さを従来より抑えている。バッテリー駆動時間も約4時間と従来から約30分延びた。

tm_1310tap21_03.jpgtm_1310tap21_04.jpgtm_1310tap21_05.jpg 画面のチルト角度は柔軟に変えられる

 21.5型のフルHD液晶ディスプレイは、広視野角のIPSパネルを採用。色域を広げる「トリルミナスディスプレイ for mobile」、独自の超解像技術を含む高画質技術「X-Reality for mobile」も備えている。内蔵のステレオスピーカーは画面の傾きにかかわらず、画面中央に音場が来るよう改良。独自のデジタル信号処理技術をワンタッチで最適化する「ClearAudio+」モードも利用可能だ。デュアルマイクも内蔵する。

 テーブルトップモード用のアプリは、新たに「VAIO Tabletop」を用意。複数人で画面を囲んでタッチしながら、写真や動画、音楽、クリップしたWeb画面、文書などの素材を選んで、閲覧やグルーピング表示、ジオタグによる地図分布表示、ショートムービー作成の機能を利用できる。マルチユーザー対応のお絵かきアプリ「Family Paint」は、内蔵カメラの撮影画像や任意の画像にフィルターをかけて枠線を塗り絵にする機能、任意の画像を下地にして上からなぞって描けるトレーシング機能が加わった。

tm_1310tap21_06.jpgtm_1310tap21_07.jpg テーブルトップモード用アプリの「VAIO Tabletop」(画像=左)と「Family Paint」(画像=右)

 店頭向けハイエンドの「SVT21219DJB」は、Core i7-4500U(1.8GHz/最大3.0GHz)、Intel HD Graphics 4400(CPU統合)、8Gバイトメモリ(DDR3L)、1TバイトのハイブリッドHDD(NANDフラッシュメモリ8Gバイト内蔵)を搭載し、USB接続のBDXL対応Blu-ray Discドライブが付属。OSは64ビット版Windows 8、オフィススイートはOffice Home and Business 2013を搭載し、実売価格は20万円前後の見込みだ。

 ミドルレンジの「SVT21218DJB」は、CPUをCore i5-4200U(1.6GHz/最大2.6GHz)、メモリを4Gバイト(DDR3L)に変更した構成で、実売価格は18万円前後の見込み。エントリーの「SVT21217DJB」は、SVT21218DJBからCPUをCore i3-4005U(1.7GHz)、ストレージを1TバイトHDD、USB接続の光学ドライブをDVDスーパーマルチに変更し、実売価格は16万円前後の見込みだ。

 通信機能はIEEE802.11a/b/g/nの無線LAN、1000BASE-Tの有線LAN、Bluetooth 4.0+HS、NFCを標準装備。SDメモリーカード/メモリースティック デュオ共用スロット、2基のUSB 3.0(1基は電源オフ時の充電に対応)、HDMI出力、音声出力、有効画素数92万画素のカメラ("Exmor R for PC" CMOS センサー)などを搭載する。

VAIO Tap 21 店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO Tap 21 SVT21219DJB (1色) 液晶一体型 (テーブルトップPC) フルモデルチェンジ Core i7-4500U (1.8GHz/最大3.0GHz) 8GB (DDR3L) 1TB ハイブリッドHDD (NANDフラッシュメモリ内蔵) 64ビット版 Windows 8 20万円前後
SVT21218DJB (1色) 液晶一体型 (テーブルトップPC) フルモデルチェンジ Core i5-4200U (1.6GHz/最大2.6GHz) 4GB (DDR3L) 1TB ハイブリッドHDD (NANDフラッシュメモリ内蔵) 64ビット版 Windows 8 18万円前後
SVT21217DJB (1色) 液晶一体型 (テーブルトップPC) フルモデルチェンジ Core i3-4005U (1.7GHz) 4GB (DDR3L) 1TB 64ビット版 Windows 8 16万円前後
VAIO Tap 21 店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
VAIO Tap 21 SVT21219DJB (1色) 21.5型ワイド (タッチパネル) 1920×1080 (タッチパネル) CPU統合 BDXL対応Blu-ray Disc (外付け) CPU統合 (HD 4400) Office Home and Business 2013 約3.9キロ
SVT21218DJB (1色) 21.5型ワイド (タッチパネル) 1920×1080 (タッチパネル) CPU統合 BDXL対応Blu-ray Disc (外付け) CPU統合 (HD 4400) Office Home and Business 2013 約3.9キロ
SVT21217DJB (1色) 21.5型ワイド (タッチパネル) 1920×1080 (タッチパネル) CPU統合 DVDスーパーマルチ (外付け) CPU統合 (HD 4400) Office Home and Business 2013 約3.9キロ

内蔵グラフィックスのグレードも上げられる直販モデル

 ソニーは、購入時に仕様を選択できるソニーストア直販のVAIOオーナーメード(VOM)モデル「SVT2121A1J」も同時発売する。直販価格は10万4800円から。

 店頭モデルよりハイスペックなCore i7-4558U(2.8GHz/最大3.3GHz)、16Gバイトメモリ、512Gバイトや256GバイトのSSD、光学ドライブの付属なし、64ビット版のWindows 8 Pro、Office 2013のエディション、クリエイティブ系アプリなどが選択可能だ。Core i7-4558Uを選択すると、内蔵グラフィックスもIntel Iris Graphics 5100に強化される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.