ニュース
» 2013年10月23日 04時22分 UPDATE

11月1日発売:7.5ミリ厚で469グラム、より薄く軽くなった新iPad「iPad Air」登場

Appleが「iPad」の新モデル「iPad Air」を発表。iPad miniと同様の狭額縁デザインを採用し、薄型軽量のボディを実現した。CPUも刷新し、処理能力とグラフィックス性能ともに従来比で2倍に。無線LANの最大速度も約2倍の300Mbpsとなっている。

[池田憲弘,ITmedia]

狭額縁の新ボディ採用、従来比28%の軽量化+20%の薄型化を実現

photo iPadの第5世代にあたる「iPad Air」はiPad miniと同様の狭額縁デザインを採用し、従来モデルよりもボディが小さく、軽くなっている

 米Appleは10月22日(現地時間)、9.7型サイズのiOS搭載タブレット端末「iPad」の新モデル「iPad Air」を発表した。日本では2013年11月1日に発売する。

 ラインアップは従来と同じくWi-FiモデルとWi-Fi+Cellular(LTE)モデルの2種類を用意。ストレージは16Gバイト/32Gバイト/64Gバイト/128Gバイトの4種類で、Wi-Fi版の価格は順に5万1800円/6万1800円/7万1800円/8万1800円だ。Wi-Fi+Cellularモデルの価格は公表されていないが、それぞれに約1万3000円(130ドル)を上乗せしたものになるとみられる。Wi-Fi+Cellularモデルの国内キャリア取り扱いは、KDDIとソフトバンクモバイル。

 iPad AirはiPad miniと同様の狭額縁ベゼルを採用して横幅が細くなり、薄型化も実現。本体サイズは約169.5(幅)×240(高さ)×7.5(厚さ)ミリ(従来モデルは幅185.7×高さ241.2×厚さ9.4ミリ)、重量は469グラム(Wi-Fiモデル)と従来モデルよりも約150グラム軽くなった。カラーバリエーションにiPhone 5Sで採用したスペースグレイを採用し、シルバーとの2色展開となった。

photophoto iPad miniと同様の狭額縁ベゼルを採用しつつ、薄型化した(写真=左)。同時発表のRetinaディスプレイ搭載「iPad mini」とのサイズ比較(写真=右)

 プロセッサは64ビットアーキテクチャのA7(M7モーションコプロセッサ内蔵)を採用し、処理能力とグラフィックス性能が倍増したという。ディスプレイは従来通り2048×1536ドット(画素密度約264ppi)表示対応の9.7型IPS液晶を搭載する。カメラは約500万画素のアウトカメラと約120万画素のインカメラを搭載し、1080pでの動画撮影、手ブレ補正や静止画撮影時の顔検出機能をサポート。バッテリー動作時間は約10時間としている。

photophoto 従来モデルよりベゼルの幅は43%短くなり(写真=左)、厚さも約1.9ミリ薄くなった(写真=右)
photophoto プロセッサは64ビットアーキテクチャのA7を搭載。処理能力とグラフィックス性能が倍増したという(写真=左)。初代iPadと比較するとCPUの処理能力は約8倍となった。グラフィックス性能は約72倍になったという(写真=右)

 デュアルチャンネルの無線LANはIEEE802.11a/b/g/nに対応し、最大速度は従来モデル比で2倍(300Mbps)に強化、Bluetooth 4.0にも対応する。LTEの対応周波数帯は800M/2.1GHz帯だ。センサー類は加速度センサーや環境光センサー、ジャイロスコープ、デジタルコンパスなどの各種センサーを内蔵した。

 なお、iPad Air用の専用カバー「iPad Air Smart Case」は9400円、「iPad Air Smart Cover」は4080円で、どちらも全6色を用意する。画面解像度が1024×768ドットとなるiPad 2は引き続き併売となり、3万9800円で販売する(16Gバイトモデルのみ)。

photophoto 革製で底面も覆うカバー「iPad Air Smart Case」は9400円(写真=左)、ポリウレタン製のディスプレイ面を覆うカバー「iPad Air Smart Cover」は4080円(写真=右)
 (※Smart Case/Smart Coverの価格記述が逆になっておりました。お詫びして訂正いたします)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-