ニュース
» 2013年10月24日 12時29分 UPDATE

NEC、Quadro搭載にも対応したスリム筐体採用の小型WS「Express5800/52Xa」

NECは、コンパクト筐体を採用したデスクトップWS「Express5800/52Xa」を発表。省スペースモデルながらQuadro K600の搭載にも対応する。

[ITmedia]
photo Express5800/52Xa

 NECは10月24日、コンパクト筐体を採用したデスクトップWS「Express5800/52Xa」を発表、本日より発売する。価格は、Xeon E3-1225V2/2Gバイトメモリ搭載の下位構成が23万5000円、Core i3-4330/16Gバイトメモリ搭載の上位構成が45万1000円だ。

 Express5800/52Xaは、本体幅85ミリの省スペース筐体を採用するワークステーション。小型モデルながらもロープロファイルPCIカードの装着に対応しておりQuadro NVS300/K600を搭載可能だ。CPUはXeon E3-1225V2のほか、Core i5-4570TE/同 i3-4330を装着できる。


photo

 またNECは、イーサネット経由でPCの拡張を行なえるスケールアップ技術「ExpEther」対応機器のラインアップに、接続速度を高めた新モデル「ExpEther I/O拡張ユニット(10G)」を発表、11月25日に出荷を開始する。価格は、下位の「SFP+ モジュール なし」モデルが25万円、上位の「SFP+ モジュール(10G-SR) x4 付き」モデルが35万円だ。

 データ伝送速度を従来の1Gbpsから10Gbpsに高めた外部接続型の拡張ユニットで、PCI Express x16対応カードを2枚搭載可能。TESLA K20×2基によるGPUコンピューティングなども実現することができる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.