ニュース
» 2013年11月06日 12時57分 UPDATE

デンソーウェーブ、バーコードなどを読み取れる“ヘッドマウント型”軽量スキャナを発売

デンソーウェーブは、物流倉庫などでの利用を想定した頭部装着型スキャナ「Vision Scanner」を発表。バーコード/QRコードをハンズフリーで読み取れる。

[ITmedia]
photo WS1-QB

 デンソーウェーブは11月6日、頭部装着式の小型スキャナ「Vision Scanner」(型番:WS1-QB)を発表、11月22日に発売する。価格はオープン。

 Vision Scannerは、物流倉庫や製造現場などでの利用を想定したヘッドマウント型の小型スキャナで、バーコード/QRコードの読み取りに対応。腕の長さを考慮した読み取り距離設定が行なわれており、両手で荷物を持った状態でスムーズにコード読み取りを行なえる。筐体はネックバンド型の小型軽量デザインを採用、本体重量は約35グラムとなっている。

 接続インタフェースはBluetoothに対応しており、スキャンしたデータはWindowsやiOS/Android端末に転送できる。電源は汎用のモバイルバッテリーを利用可能。容量5800mAhのバッテリーを接続した場合の想定使用時間は約20時間だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.