ニュース
» 2013年11月18日 12時00分 UPDATE

2013年PC秋冬モデル:CPU刷新、12時間駆動が可能になった着脱式Ultrabook――「dynabook V714/N514」

秋冬モデルでモデルチェンジしたディスプレイ着脱式Ultrabook「dynabook V714」は、従来機からOSとCPUを刷新し、約12時間のバッテリー駆動が可能となった。価格を抑えたモバイルノートのエントリーモデル「dynabook N514」も新たに投入する。

[池田憲弘,ITmedia]

“Haswell”採用でバッテリー駆動時間が大幅増

photo dynabook V714

 東芝は11月18日、ディスプレイ着脱式のUltrabook「dynabook V714」を発表した。2013年12月中旬に発売する。2013年6月に発売した従来モデル「dynabook V713」と同様に、電磁誘導式のデジタイザを内蔵する上位モデル「V714/28K」と標準モデル「V714/27K」の2モデルを用意する。価格はオープンで、実売価格はそれぞれ17万円前後と15万円前後となる見込み。

 本製品はフルHD表示対応のディスプレイ部を取りはずせるUltrabookだ。CPUにCoreプロセッサ・ファミリーの中でも低消費電力が特徴のYシリーズを採用することで、「高性能タブレット」と「Ultrabook」の2スタイルを両立する。高剛性樹脂とマグネシウム合金を採用した堅牢なボディは従来モデルから引き継ぐ。

 新モデルではCPUを“Haswell”世代のCore i5-4210Y(1.5GHz/最大1.9GHz)に刷新したことで、バッテリー駆動時間が約7時間から約12時間と大幅に延びている。また、無線LANがIEEE802.11ac(Draft)に対応したのもポイントだ。

 そのほかの仕様は従来モデルと共通だ。4Gバイトメモリ(4Gバイト×1、DDR3-1600)、128GバイトSSD、1920×1080ドット表示の11.6型ワイドIPS液晶ディスプレイ(10点マルチタッチ対応)を搭載し、1024段階の筆圧検知機能を備えたデジタイザーペン操作に対応する。

photo 高剛性樹脂とマグネシウム合金を採用した堅牢なボディは従来モデルから引き継ぐ

 インタフェースはディスプレイ部にUSB 3.0、Micro HDMI、前面100万画素/背面300万画素Webカメラを、キーボードドックにUSB 2.0、HDMI出力、アナログRGB出力、ギガビットLANが備わる。無線通信はどちらのモデルもIEEE802.11a/b/g/n/ac(Draft)準拠の無線LANとBluetooth 4.0を利用可能だ。加速度センサー・電子コンパス・照度センサーなどの各種センサーも内蔵する。

 OSは64ビット版Windows 8.1で、オフィススイートとしてOffice Home and Business 2013(下位モデルはOffice Personal 2013)をプリインストール。また上位モデルのみ写真/動画編集ソフトの「Adobe Photoshop Elements 11」が付属する。

 タブレット単体の重量は約870グラム(下位モデルは約825グラム)で、キーボードを装着したノートPCスタイル時は約1.47キロ(上位モデル)だ。本体サイズはタブレット単体時で299(幅)×189(奥行き)×12.4(厚さ)ミリで、キーボードドック装着時で299(幅)×220.5(奥行き)×16.9〜19.9(厚さ)ミリ。

モバイルノートのエントリーモデル「dynabook N514」登場

photo dynabook N514

 東芝は同日、11.6型タッチ対応液晶ディスプレイを搭載したノートPC「dynabook N514」を発表した。2013年11月下旬に発売する。CPUにCeleronを採用し、Office Home and Business 2013が付属しながら、想定実売価格を8万円台半ばと抑えたエントリーモデルとなる。

 主なスペックはCPUがCeleron N2810(2GHz)、メモリが4Gバイト(4Gバイト×1)、ストレージが500GバイトHDDだ。タッチ操作に対応する11.6型ワイド液晶ディスプレイの解像度は1366×768ドットとなる。OSは64ビット版のWindows 8だ。

 インタフェースはUSB 3.0、USB 2.0×2、アナログRGB出力、HDMI出力、ギガビットLAN、92万画素のWebカメラ、音声入出力、SDメモリーカードスロットを搭載し、無線通信はIEEE802.11a/b/g/n/ac(Draft)準拠の無線LANとBluetooth 4.0に対応する。本体サイズは284(幅)×208.6(奥行き)×23.5(厚さ)ミリで、重量は約1.5キロ。バッテリー動作時間は約4時間としている。

dynabook V714/N514の概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
dynabook V714 V714/28K 2in1 CPU強化、11ac Core i5-4210Y (1.5GHz/最大1.9GHz) 4GB (DDR3L) 128GB SSD 64ビット版 Windows 8.1 17万円前後
V714/27K 2in1 CPU強化、11ac Core i5-4210Y (1.5GHz/最大1.9GHz) 4GB (DDR3L) 128GB SSD 64ビット版 Windows 8.1 15万円前後
dynabook N514 N514/25K タッチノート 新シリーズ Celeron N2810 (2.0GHz) 4GB (DDR3L) 500GB HDD 64ビット版 Windows 8 8万円台半ば
dynabook V714/N514の概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 無線LAN/バッテリー動作時間 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
dynabook V714 V714/28K 11.6型ワイド (タッチパネル+デジタイザ) 1920×1080 802.11a/b/g/n/ac / 12時間 CPU統合 (HD 4200) ─ / Office Home and Business 2013 ドック接続時約1.47キロ / 単体約870グラム
V714/27K 11.6型ワイド (タッチパネル) 1920×1080 802.11a/b/g/n/ac / 12時間 CPU統合 (HD 4200) ─ / Office Home and Business 2013 ドック接続時約1.43キロ / 単体約825グラム
dynabook N514 N514/25K 11.6型ワイド (タッチパネル) 1366×768 802.11a/b/g/n/ac / 約7時間 CPU統合 ─ / Office Home and Business 2013 約1.5キロ


関連キーワード

dynabook | タブレット | 東芝 | Ultrabook | Windows 8


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.