ニュース
» 2013年11月18日 12時00分 UPDATE

2013年PC秋冬モデル:13.3型“2560×1440”液晶のプレミアムUltrabookがついに“Haswell”搭載――「dynabook KIRA V834/V634」

超高精細ディスプレイ搭載Ultrabookの先駆けとなった「dynabook KIRA」シリーズがついに第4世代Coreを採用。超高精細液晶でタッチパネル非搭載のモデルも追加した。

[ITmedia]

東芝のプレミアムUltrabook「KIRA」がついに世代交代

 東芝は11月18日、13.3型Ultrabook「dynabook KIRA」シリーズの2013年秋冬モデルを発表した。3モデルを用意し、いずれも11月下旬に発売する。価格はオープン、実売価格は高解像度液晶+タッチ対応の上位機「V834/29K」が17万円台半ば、高解像度液晶+タッチ非対応の中位機「V634/28K」が16万円台半ば、HD解像度液晶+タッチ非対応の下位機「V634/27K」が15万円前後の見込み。

tm_1311kira_01.jpgtm_1311kira_02.jpg 上位の「dynabook KIRA V834/29K」は、シリーズ中で唯一タッチパネル付きの液晶ディスプレイを装備する(写真=左)。タッチパネルを搭載しない中位の「dynabook KIRA V634/28K」と下位の「dynabook KIRA V634/27K」は同じ外観だ(写真=右)

 dynabook KIRAシリーズは、13.3型ワイド画面で解像度2560×1440ドット(WQHD)の超高解像度を誇る液晶ディスプレイ(下位機は1366×768ドットのHD液晶)、薄型軽量ながらマグネシウムプレス加工技術やバスタブ構造、フレームレスキーボード、ハニカム構造により剛性も確保したボディ、音質にこだわったharman/kardonスピーカー、長時間のバッテリー駆動といった特徴を備えるプレミアムなUltrabook/モバイルノートPCだ。

 2013年秋冬モデルはボディデザインをそのままに、OSをWindows 8からWindows 8.1に、CPUを第3世代Core(開発コード名:Ivy Bridge)から第4世代Core(開発コード名:Haswell)に、無線LANをIEEE802.11ac(Draft)に、HDMI出力を4K対応に刷新した。

tm_1311kira_03.jpg V834/29Kのマグネシウム合金ボディは健在

 最上位機のV834/29Kは前モデルの「V832/28H」と同様、静電容量式タッチパネル付きのWQHD液晶を搭載。基本スペックは、CPUがCore i5-4200U(1.6GHz/最大2.6GHz)、メモリが8Gバイト(PC3L-12800 SDRAM/4Gバイト×2/デュアルチャンネル対応)、ストレージが128GバイトSSD(Serial ATA)、グラフィックス機能がCPUに統合されたIntel HD Graphics 4400だ。

 通信機能はIEEE802.11ac(Draft)+IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0を標準装備。インタフェース類はUSB 3.0×3、HDMI出力、音声入出力、SDXC対応SDメモリーカード/MMC対応スロット、92万画素のWebカメラを備えている。

 本体サイズは316(幅)×207(奥行き)×9.5〜19.8(高さ)ミリ、重量は約1.35キロ。省電力化が進んだ第4世代Core Uシリーズの採用により、バッテリー駆動時間はV832/28Hの約9.5時間から約14時間に延びている。

tm_1311kira_04.jpgtm_1311kira_05.jpg キーピッチ約19ミリ、キーストローク約1.5ミリのキーボードとマルチタッチ対応のクリックパッドを搭載(写真=左)。キーボードバックライトも内蔵する(写真=右)
tm_1311kira_06.jpgtm_1311kira_07.jpg V834/29Kの前面(写真=左)と背面(写真=右)。いずれもインタフェース類はない
tm_1311kira_08.jpgtm_1311kira_09.jpg V834/29Kの左右側面。左側面には2基のUSB 3.0とHDMI出力、ACアダプタ接続用のDC入力が並ぶ(写真=左)。右側面にSDXC対応SDメモリーカード/MMC対応スロット、マイク/ヘッドフォン共用端子、USB 3.0を配置(写真=右)
tm_1311kira_10.jpg V634/28KおよびV634/27Kのボディデザイン、材質はV834/29Kと共通だ

 中位機のV634/28Kは、新たに追加されたモデル。従来機の「V632/26H」は13.3型ワイド画面で1366×768ドット(HD)の液晶ディスプレイだったが、V834/29Kと同じWQHDの超高解像度に強化している。タッチパネルは搭載しないが、そのぶん本体サイズは316(幅)×207(奥行き)×7.6〜17.9(高さ)ミリ、重量は約1.12キロとV834/29Kより薄型軽量だ。それ以外の仕様はV834/29Kに準ずる。

 下位機のV634/27Kは、前述したV632/26Hの後継モデル。液晶ディスプレイの解像度がHDとなる以外、基本仕様はV634/28Kと共通だ。ただし、第4世代Core Uシリーズに、消費電力が低いHD液晶を組み合わせることで、バッテリー駆動時間はV634/28Kの約14時間に対して、約22時間(13.3型ノートPCで最長/同社調べ)と大きく差を付けている。

tm_1311kira_11.jpgtm_1311kira_12.jpg V634/28KとV634/27Kは、液晶ディスプレイにタッチパネルを搭載しないぶん、ボディが薄く仕上がっている

 OSは3モデルすべてに64ビット版のWindows 8.1をプリインストール。オフィススイートのOffice Home and Business 2013、フォトレタッチソフトのAdobe Photoshop Elements 11も備えている。

dynabook KIRAシリーズ店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
dynabook KIRA V834 V834/29KS Ultrabook CPU強化、11ac Core i5-4200U (1.6GHz/最大2.6GHz) 8GB (DDR3L) 128GB SSD 64ビット版 Windows 8.1 17万円台半ば
dynabook KIRA V634 V634/28KS スリムノート WQHD液晶搭載 Core i5-4200U (1.6GHz/最大2.6GHz) 8GB (DDR3L) 128GB SSD 64ビット版 Windows 8.1 16万円台半ば
V634/27KS スリムノート CPU強化、11ac Core i5-4200U (1.6GHz/最大2.6GHz) 8GB (DDR3L) 128GB SSD 64ビット版 Windows 8.1 15万円前後
dynabook KIRAシリーズ店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 無線LAN/バッテリー動作時間 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
dynabook KIRA V834 V834/29KS 13.3型ワイド (タッチパネル) 2560×1440 802.11a/b/g/n/ac /14時間 CPU統合 (HD 4400) ─ / Office Home and Business 2013 約1.35キロ
dynabook KIRA V634 V634/28KS 13.3型ワイド 2560×1440 802.11a/b/g/n/ac /14時間 CPU統合 (HD 4400) ─ / Office Home and Business 2013 約1.12キロ
V634/27KS 13.3型ワイド 1366×768 802.11a/b/g/n/ac /22時間 CPU統合 (HD 4400) ─ / Office Home and Business 2013 約1.12キロ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.