ニュース
» 2013年12月18日 15時14分 UPDATE

Samsung SSD 840 EVOを採用:アイ・オー、USMカートリッジ仕様のThunderbolt対応高速ポータブルSSD

アイ・オー・データ機器は、USM規格に対応したカートリッジ型ポータブルストレージ製品を複数投入。高速志向なThunderbolt対応セットのほか、USM対応SSDカートリッジ、USB 3.0対応アダプタなどを用意する。

[ITmedia]
photo Thunderbolt接続対応のポータブルSSD「HDUS-TBSSS」シリーズ

 アイ・オー・データ機器は12月18日、Thunderbolt接続対応のポータブルSSD「HDUS-TBSSS」シリーズを発表。2014年1月中旬に発売する。ラインアップは500Gバイトモデル、1Tバイトモデルの2つ。価格はオープン、500Gバイトモデルが7万2800円前後、1Tバイトモデルが11万9800円前後と想定される。

 「HDUS-TBSSS」シリーズは、Thunderbolt対応アダプタとストレージカートリッジ(カセット)を組み合わせて使用するUSM(Universal Storage Module)対応のポータブルストレージ。SSDはSamsung「SSD 840 EVO」を採用し、同社テスト環境ではシーケンシャルリード264.77Mバイト/秒を実現したという。ほか、USM対応のストレージカートリッジに差し替えて使用することもできる。

 本体サイズは81(幅)×120(奥行き)×28(高さ)ミリ、重量は約240グラム(アダプタ装着時)。50センチThunderboltケーブルが付属する。

 このほか、USM対応ストレージカートリッジとして120GバイトSSDを内蔵した「HDUS-SS120K」(価格は1万6800円)、240GバイトSSDを内蔵した「HDUS-SS240K」(価格は3万1700円)を、USM対応アダプタとしてUSB 3.0接続タイプの「ADUS-UT」(価格は3100円)も用意する。


photophoto SSD内蔵USM対応カートリッジ「HDUS-SS***K」(写真=左)、USB 3.0接続タイプのUSM対応アダプタ「ADUS-UT」(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう