ニュース
» 2014年01月08日 15時32分 UPDATE

WindowsでAndroidアプリが使える「BlueStacks」が第4世代APUに最適化

AMDとBlueStacksは、Windows上でAndroidアプリを動かせる仮想アプリ「BlueStacks」の新バージョンで第4世代APUへの最適化を行なったと発表した。

[ITmedia]

 AMDとBlueStacksは、Windows上でAndroidアプリを動かせる仮想アプリ「BlueStacks」が第4世代APUに最適化したと発表した。

 新バージョンのBlueStacksでは、AMDグラフィックス処理機能へのダイレクトなアクセスを用いた画面描画に対応。またクラウドベースのサービス「FoneLink」により、モバイルデバイスとの同期にも対応した。ほかWindows側ファイルにAndroidアプリから直接アクセスできる“ダイレクト・ファイル・シェアリング”機能も実装している。

関連キーワード

AMD | Androidアプリ | Windows | APU | 最適化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう