トップ10
» 2014年01月13日 13時00分 UPDATE

PC USER 週間ベスト10:CESより注目を集めた低価格8型タブレットとは?(2014年1月6日〜1月12日)

今回のアクセスランキングでは、米ラスベガスで開催された世界最大のIT/家電見本市「2014 International CES」から多数の記事が上位に入りました。しかし、その中で1位を獲得したのは……。

[ITmedia]

 PC USERで1週間に読まれた記事のアクセス数をランキングする「PC USER 週間ベスト10」。今回は2014年1月6日から1月12日までを集計しています。

 1位はデルが昨年末に発売した8型Windows 8.1タブレット「Venue 8 Pro」のレビューでした。Office付きで3万9980円という高いコストパフォーマンスと、SIMフリーやペン、キーボードといった豊富なオプションが魅力の新モデルです。

 2位は連載「本田雅一のクロスオーバーデジタル」から「2014年、PCはどう進化するか?」でした。8位の「2013年のタブレットを冷静に振り返る」とともに、今回もトップ10圏内につけています。

 2014 International CESで発表された各社の新技術や新製品も多数ランクインしました。IntelのSDメモリーカード型PC「Edison」が3位、ソニーブースで見かけた国内未発表モデル「VAIO Fit 11A」が4位、Lenovoが発表した8型“1920×1200”Windowsタブレット「ThinkPad 8」が5位、AMDの次期省電力APU「Mullins」が6位、Intelの次世代UI技術「RealSense」が7位、東芝の4K対応ノートPCや“5in1”PCが10位となっています。

 そのほか、9位には連載「鈴木淳也の『まとめて覚える! Windows 8』」から次期Windows「Threshold」続報が入りました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.