ニュース
» 2014年03月26日 15時38分 UPDATE

バッファロー、スマホ/タブレットからも手軽にアクセスできる2ドライブNAS「LS220D」

バッファローは、2ドライブ構成のRAID-1対応スタンダードNAS「リンクステーション LS220D」シリーズを発表。モバイル端末から外部アクセスを行なえる「WebAccess」機能にも対応する。

[ITmedia]

 バッファローは3月26日、2ドライブ構成のスタンダードNAS「リンクステーション LS220D」シリーズを発表、4月中旬より出荷を開始する。ラインアップは2Tバイト/4Tバイト/6Tバイト/8Tバイトの4モデルを用意(8Tバイトモデルは受注生産)。価格はそれぞれ3万3300円/4万3300円/5万5600円/7万4700円だ。

photophoto LS220Dシリーズ

 LS220Dシリーズは、2ドライブを内蔵したギガビット接続対応のNASで、RAIDレベルはRAID-0/1をサポートした(出荷時設定はRAID-1)。

 スマートフォン/タブレット端末からアクセスできるアプリ「WebAccess」にも対応。DTCP-IPもサポートしており、録画した番組のムーブ/再生も行なえる。また「nasne」と連携した自動ダビング機能も利用可能だ。本体サイズは87(幅)×205(奥行き)×127.5(高さ)ミリ、重量は約2.5キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.