ニュース
» 2014年04月03日 11時15分 UPDATE

小型Windowsタブレット市場がさらに盛り上がる?:Microsoft、9型未満タブレットとスマホのWindowsを無料化

iOS/Androidに後れをとっているスマートフォンや小型タブレット市場での拡販を図るべく、Microsoftは9型未満タブレットとスマートフォンのWindowsを無料化する。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月2日(現地時間)、米国で開催中の開発者向けカンファレンス「Build 2014」の基調講演にて、画面サイズが9型未満のタブレットとスマートフォンに搭載するWindows OSを無料化すると発表した。Office 365の1年間サブスクリプションの無料化も含まれる。

 これにより、サードパーティのハードウェアメーカーは、Windowsのライセンス料をMicrosoftに支払うことなく、小型端末を販売できるようになる。従来のWindows 8.1ライセンス料は、通常1台につき50ドルだった。エンドユーザーが単体で購入するWindowsが無料になるわけではない。

 現状でWindows Phone搭載スマートフォンは日本で販売されていないが、4月8日に一般公開されるPC向けのWindows 8.1 Updateでは、メモリ1Gバイト、ストレージ16Gバイトでも軽快に動作するとされており、より低価格な小型Windowsタブレットの登場も期待できそうだ。

 さらに、同社はIoT(Internet of Things:モノのインターネット)向けのWindowsも無料で提供する。

tm_1403winpricing_01.jpgtm_1403winpricing_02.jpg 画面サイズが9型未満のタブレットやスマートフォン、IoT向けのWindowsを無料化

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう