ニュース
» 2014年05月08日 16時46分 UPDATE

キヤノン、置き場を選ばない“ハイレンズシフト機構”搭載の短焦点ビジネスプロジェクター

キヤノンは、約1.2メートルの位置から100型の投写を可能とした短焦点LCOS液晶プロジェクター「WUX400ST」「WX450ST」の2製品を発売する。

[ITmedia]
photo WUX400ST/WX450ST

 キヤノンは5月8日、短焦点投写に対応したLCOS液晶ビジネスプロジェクター「WUX400ST」「WX450ST」の2製品を発売する。ともに約1.2メートルの位置から約100型の投写を行なえる短焦点モデルで、WUX400STは1920×1200ピクセル、WX450STは1440×900ピクセル表示に対応。投写映像を上方向に最大77%(WUX400STは最大75%)シフトできるハイレンズシフト機構を備えているのも特徴だ。ともに予想実売価格は70万円前後の見込み。

製品名 WUX400ST WX450ST
メーカー キヤノン
方式 LCOS
光源 250-NSHA
解像度 1920×1200ピクセル 1440×900ピクセル
明るさ 4000ルーメン 4500ルーメン
コントラスト比 2000:1
主なインタフェース DVI、HDMI、アナログD-Sub、USB
本体サイズ 約337(幅)×415(奥行)×134(高さ)ミリ
重量 約6.3キロ
価格(税別) オープン(約70万円前後)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.