ニュース
» 2014年05月12日 14時29分 UPDATE

8をベースに9を拡張:インテル、デスクトップ向け“Haswell Refresh”とIntel 9シリーズチップセット正式発表

オーバークロックに適した“アンロック対応”モデルは、いまのところ登場せず。

[ITmedia]

LGA1150対応Haswell Refreshは26モデルを投入

 インテルは、5月11日に開発コード名"Haswell Refresh”と呼んでいたCPUのデスクトップPC向けラインアップと仕様を公開した。また、それに合わせて、デスクトップPC向けチップセットでも「Intel 9シリーズ」を発表している。

 “Haswell Refresh”世代のデスクトップPC向けCPUとして発表したのは、TDPが84〜53ワットの標準消費電力タイプ12モデルと、TDPが65〜35ワットの低消費電力タイプ14モデルだ。いずれも、LGA1150に対応する。なお、オーバークロック設定に適した“アンロック対応”モデルは5月11日の発表時点で登場していない。

kn_hwrsh9cst_05.jpg “Haswell Refresh”世代のCPUとして投入するCPUラインアップ

今回登場したCPUの主な仕様は以下の通りだ。

プロセッサー・ナンバー 動作クロック(最大) コア数/スレッド数 3次キャッシュ容量 グラフィックスコア 動作クロック 対応メモリ TDP
Core i7-4790 3.6GHz(4GHz) 4コア/8スレッド 8MB HD Graphics 4600 1200MHz DDR3-1600 84ワット
Core i5-4690 3.5GHz(3.9GHz) 4コア/4スレッド 6MB HD Graphics 4600 1200MHz DDR3-1600 84ワット
Core i5-4590 3.3GHz(3.7GHz) 4コア/4スレッド 6MB HD Graphics 4600 1150MHz DDR3-1600 84ワット
Core i5-4460 3.2GHz(3.4GHz) 4コア/4スレッド 6MB HD Graphics 4600 1100MHz DDR3-1600 84ワット
Core i3-4360 3.7GHz 2コア/4スレッド 4MB HD Graphics 4600 1150MHz DDR3-1600 54ワット
Core i3-4350 3.6GHz 2コア/4スレッド 3MB HD Graphics 4400 1150MHz DDR3-1600 54ワット
Pentium G3450 3.4GHz 2コア/2スレッド 3MB HD Graphics 1100MHz DDR3-1600 53ワット
Pentium G3440 3.3GHz 2コア/2スレッド 3MB HD Graphics 1100MHz DDR3-1600 53ワット
Pentium G3240 3.1GHz 2コア/2スレッド 3MB HD Graphics 1100MHz DDR3-1333 53ワット
Celeron G1850 2.9GHz 2コア/2スレッド 2MB HD Graphics 1050MHz DDR3-1333 53ワット
Celeron G1840 2.8GHz 2コア/2スレッド 2MB HD Graphics 1050MHz DDR3-1333 53ワット
Core i7-4790S 3.2GHz(4GHz) 4コア/8スレッド 8MB HD Graphics 4600 1200MHz DDR3-1600 65ワット
Core i7-4790T 2.7GHz(3.9GHz) 4コア/8スレッド 8MB HD Graphics 4600 1200MHz DDR3-1600 45ワット
Core i7-4785T 2.2GHz(3.2GHz) 4コア/8スレッド 8MB HD Graphics 4600 1200MHz DDR3-1600 35ワット
Core i5-4690S 3.2GHz(3.9GHz) 4コア/4スレッド 6MB HD Graphics 4600 1200MHz DDR3-1600 65ワット
Core i5-4690T 2.5GHz(3.5GHz) 4コア/4スレッド 6MB HD Graphics 4600 1200MHz DDR3-1600 45ワット
Core i5-4590S 3GHz(3.7GHz) 4コア/4スレッド 6MB HD Graphics 4600 1150MHz DDR3-1600 65ワット
Core i5-4590T 2GHz(3GHz) 4コア/4スレッド 6MB HD Graphics 4600 1150MHz DDR3-1600 35ワット
Core i5-4460S 2.9GHz(3.4GHz) 4コア/4スレッド 6MB HD Graphics 4600 1100MHz DDR3-1600 65ワット
Core i5-4460T 1.9GHz(2.7GHz) 4コア/4スレッド 6MB HD Graphics 4600 1100MHz DDR3-1600 35ワット
Core i3-4350T 3.1GHz 2コア/4スレッド 4MB HD Graphics 4600 1150MHz DDR3-1600 35ワット
Core i3-4150T 3GHz 2コア/4スレッド 3MB HD Graphics 4400 1150MHz DDR3-1600 35ワット
Pentium G3440T 2.8GHz 2コア/2スレッド 3MB HD Graphics 1100MHz DDR3-1600 35ワット
Pentium G3240T 2.7GHz 2コア/2スレッド 3MB HD Graphics 1100MHz DDR3-1333 35ワット
Pentium G1840T 2.5GHz 2コア/2スレッド 2MB HD Graphics 1050MHz DDR3-1333 35ワット

8シリーズをベースに機能を拡張した9シリーズ

 Intel 9シリーズチップセットとして登場するのは、「Intel Z97 Express」と「Intel H97 Express」の2モデルだ。Intel Z97 ExpressとIntel H97 Expressでは、サポートするグラフィックスカードの組み合わせ(Intel Z97 ExpressでマルチGPU構成が構築可能)とCPUオーバークロックへの対応(Intel Z97 Expressのみ)、Dynamic Storage Acceleratorの対応(Intel Z97 Expressのみ)、そして、Intel Small Business Advantageの対応(Intel H97 Exprsss)が異なる。

kn_hwrsh9cst_01.jpgkn_hwrsh9cst_02.jpg インテルが定例会見で示したIntel 9シリーズチップセットの概要(写真=左)とIntel Z97 ExpressとIntel H97 Expressの相違点(写真=右)

 Intel 8シリーズチップセットと基本仕様は共通としつつ、新たにPCI Express M.2ストレージに対応した。インテルの測定では、Sreial ATA 6Gbps接続のストレージと比べて67%の性能向上が確認できたという。

 そのほか、Intel Rapid Storage TechnologyがPCI Express対応ストレージに対応し、M.2接続への適用でさらなる高速化も可能。また、Intel Smart Response Technologyでは、SSDキャッシュをソリッドステートHDにも適用できるようになった。

 セキュリティ機能では、(対応CPUとの組み合わせで)BIOSも防御対処にしてブートガードを可能にしたIntel Device Protection Technologyが利用できる。

kn_hwrsh9cst_03.jpgkn_hwrsh9cst_04.jpg Intel 9シリーズチップセットでは、新たにM.2インタフェースを利用できるようになった

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.