ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Intel Rapid Storage Technology」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Intel Rapid Storage Technology」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

お手軽ゲーミングPCの道:
5万円台スト5PCを作る――SSDとHDDで組むハイブリッドストレージ「StoreMI」(FuzeDrive)編
インテルが2020年に立ち上げるeSportsトーナメント「Intel World Open」。そのタイトルに採用された「ストリートファイターV」を満喫できるPCを作り、大会に打って出るまでの道のりをお届けする。(2020/4/10)

デスクトップ版CPUとGTX 980M SLIを搭載:
50万円を軽く超えるモンスター級ノート「NEXTGEAR-NOTE i71101」徹底検証
最上級のモバイル向けGPUをSLIで搭載し、さらにデスクトップ向けCPUと最新世代のM.2 SSDをRAID 0で組んだゲーミングノートPCがマウスコンピューターから登場。速すぎィ!(2016/3/2)

クアッドチャネルのDDR4も気になる!:
「Core i7-5960X」で8コア16スレッド対応“Haswell-E”の実力を試す
Coreシリーズに8コアの時代がやってきた。DDR4にLGA2011-v3と新規格を取り入れた“Haswell-E”とIntel X99 Expressチップセットの性能を検証する。(2014/8/30)

その性能は2割増し:
インテル、“Haswell-E”と「Intel X99 Express」を発表
最大で8コア16スレッド対応のCPUが登場。統合するメモリコントローラはDDR4のクアッドチャネルに対応する。(2014/8/30)

COMPUTEX TAIPEI 2014にむけてもう一度:
大復習! Haswell RefreshからDevil's Canyon、Intel 9シリーズチップセットを整理する
“新しい”第4世代Coreプロセッサー・ファミリーとチップセットは、これまでと何が違うのか? 期待の“アンロック”なCPUとともにおさらいしておこう。(2014/5/29)

8をベースに9を拡張:
インテル、デスクトップ向け“Haswell Refresh”とIntel 9シリーズチップセット正式発表
オーバークロックに適した“アンロック対応”モデルは、いまのところ登場せず。(2014/5/12)

自作が再び盛り上がる?:
2014年は「デスクトップPCの再発明」――Intelの最新ロードマップをまとめてみた
GDCにあわせてIntelがデスクトップ向けCPUの最新ロードマップを公開。2014年のCPU計画を「デスクトップPCの再発明」と定義する。BroadwellやIntel X99の情報もアップデート。(2014/3/20)

ヘリウム封入新技術「シールドストレージ」、ストレージ密度業界最大のPC向けHDDなど──HGST戦略説明会「Future Pulse 2013」
HGSTが製品戦略説明会を実施。HGSTはWD傘下とはなったが、同グループながらも互いを競合相手にそれぞれ個別に製品展開・開発を行う姿勢を取っている。新技術採用HDDや業界最大記録容量を実現したPC向けHDD、ストレージ市場のトレンドを説明した。(2013/6/5)

2012年PC夏モデル:
最上位モバイルが待望のIvy Bridge世代に、15周年特別カラーも──「VAIO Z」
フルHDディスプレイも選択できる13.1型サイズの最上位モバイル「VAIO Z」シリーズは、デザインそのままにCPUを第3世代Core iシリーズに刷新し、PMDは別売りとなった。(2012/6/4)

USB 3.0もチップセットで制御可能:
インテル、Intel 7シリーズチップセットを正式に発表
インテルは、4月8日に“第3世代Coreプロセッサーファミリー”に対応する新しいチップセットシリーズを発表し、その仕様を“ようやく”明らかにした。(2012/4/8)

トリの次は「トラ」:
「ノートPCじゃありません。“Ultrabook”です」──インテルの“一般層向け”Ultrabook認知プロモーション
インテルが2012年度に強力プッシュする商材「Ultrabook」。Ultrabookとはそもそも何か、何ができるようになるのか、「新カテゴリ」として展開するUltrabookプロモーションが始まった。(2012/3/14)

SandForceブランドコントローラを搭載:
ライト性能が大幅強化!──Intel SSD 520シリーズの性能を探る
インテルから「SSD 520」シリーズが登場した。Serial ATA 6Gbpsに対応した前モデルSSD 510シリーズとの違いはどこにあるのか? その性能をチェックしてみる。(2012/2/16)

最強の座、揺るぎなしか:
「VAIO Z」の最新ハイエンド構成をテストする
ひっそりと秋冬モデルで一部仕様をグレードアップした「VAIO Z」の直販モデル。その性能はどこまで達したのか、ハイエンドな構成で各種テストを実施した。(2012/1/17)

インテル、“Sandy Bridge-E”シリーズCPUと“X79”チップセット発表
インテルは、コンシューマーデスクトップPC向けCPUの最上位シリーズとなる第2世代インテル Core i7プロセッサーの新モデルと対応チップセットを発表した。(2011/11/14)

このノートPCは事件だ:
“光”がもたらすハイエンドモバイル革命――新型「VAIO Z」を徹底攻略する(前編)
こんな“Z”を誰が予測できただろうか? 斬新すぎる“ドック”スタイルに驚きつつも、とにかく新しいVAIOのハイエンドモバイルノートをこってり実力診断していこう。(2011/7/7)

“Intel SSD 311”を日本で出荷します:
“Z68”に導入された新機能を整理する
インテルが5月11日に発表したIntel Z68 Expressチップセットは、「P67とH67の全載せ」以外にも新しい機能が導入された。インテルの資料とともに紹介しよう。(2011/5/12)

直販、店頭、旧機種の3台をガッツリ比較:
“豪華すぎる”モバイルノート「VAIO Z」を徹底検証する(後編)
モバイルノートPCの常識を打ち破るハイパフォーマンスが魅力的な新型「VAIO Z」。レビューの後編は、実際の性能やバッテリー駆動時間、放熱性、静音性をテストする。(2010/2/24)

COMPUTEX TAIPEI 2009:
MSIの「H57-ED65」でClarkdaleを先取りした
COMPUTEX TAIPEI 2009で“限定解禁”となったLynnfield+Intel P55 Expressのライブデモ。IntelのShowcaseでは、Clarkdaleと「H57」も動いていた!(2009/6/3)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。