ニュース
» 2014年05月15日 11時00分 UPDATE

エプソン、単三乾電池で駆動する無線LAN内蔵モバイルスキャナ「DS-40」

エプソンはモバイルスキャナ「DS-40」を5月22日に発売する。単三乾電池4本で駆動し、無線LANも内蔵するため、電源を含めワイヤレスでスキャンが可能だ。

[ITmedia]
tm_1405_ds40_01.jpg エプソン「DS-40」

 エプソンは5月15日、モバイル向けのA4ドキュメントスキャナ「DS-40」を発表した。2014年5月22日に発売する。価格はオープン、実売価格は1万円台中盤の見込み。

 DS-40は2012年6月に発売された「DS-30」の後継機。新たにIEEE802.11b/g/nの無線LAN機能を内蔵し、単三乾電池4本で駆動するため、電源を含めて完全にワイヤレスでPCやスマートフォン、タブレットからスキャンを行えることが特徴だ。

 無線LANルータを経由せずにスキャナ本体と直接ワイヤレスで接続する「APモード」も利用できる(Windows 8/8.1環境では無線LAN経由での接続が必要)。電源は専用バッテリーではなく、外出先でも入手しやすいよう単三乾電池4本(アルカリ、ニッケル水素、リチウムに対応)を採用。付属のアルカリ乾電池を使用した場合、連続スキャン枚数はA4用紙250枚が目安となる。Windows PC/MacとはUSB 2.0でも接続でき、USB接続時はバスパワーで駆動するため、乾電池は不要だ。

 無線LANに対応したモバイルスキャナの多くは、スキャナ本体に保存領域を持ち、読み込んだデータを保存した後にデータを送信するが、スキャナ本体にデータが残るため、外出時に盗難などでセキュリティのリスクがある。DS-40は読み込んだデータをスキャナ本体に残さないため、モバイル環境でもセキュアに利用できるという。

tm_1405_ds40_02.jpg 本体の重さは500ミリのペットボトル飲料1本程度だ

 本体サイズは296(幅)×69(奥行き)×43(高さ)ミリ、重量は約515グラム。本体とUSBケーブルを収納できるキャリングポーチも付属する。

 シートフィードスキャンのADFは手差しで1枚ずつ給紙する片面読み取りタイプ。ADFには読み取り時の傾きを軽減する給紙ガイドを追加している。最大原稿サイズはA4、USレターサイズ、リーガルに加えて、長尺紙にも対応した。有効領域は216×356ミリ(長尺紙は216×914ミリ)だ。プラスチックカードは厚さ1.24ミリ以下、キャリアシートは厚さ0.3ミリ以下(シート含まず)までスキャンできる。

 200dpi/300dpi設定でのA4タテ読み取り速度はDS-30から35%高速化し、カラー/モノクロとも8.5秒/枚となった。センサーはCIS、光源はRGB 3色LED、光学解像度は600dpi、読み取り階調はRGB各色16ビット入力/8ビット出力だ。

 スマートデバイス向けにはiOS/Android対応のスキャンアプリ「Epson DocumentScan」、Windows PC/Mac向けにはTWAINドライバ「EPSON SCAN」およびユーティリティソフト「Document Capture Pro」を用意している(Windows RTは非対応)。

 Epson DocumentScanは接続方法を案内する機能を用意。Document Capture Proを利用すれば、読み取ったデータを特定のフォルダやメールソフトに転送したり、プリンタと接続して印刷したり、EvernoteやGoogleドキュメント、Sugersyncといったクラウドサービスに保存するなど、さまざまなスキャン動作がワンボタンで可能だ。読み取ったデータをMicrosoft OneNoteサービスへ直接転送できるプラグインも提供する。

 そのほか、名刺管理ソフト「やさしく名刺ファイリングエントリー4」、OCRソフト「読ん de ココパーソナル Ver.4」(いずれもWindows版)が付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.