ニュース
» 2014年06月19日 13時37分 UPDATE

2in1ではなくクラムシェルのボディを採用:パナソニック、さらに軽量化した法人向け「Let's note MX3」2014夏モデルを発売

パナソニックは、法人向けとなる12.5型フルHD液晶搭載のモバイルノートPC「Let's note MX3」2014夏モデルを発表した。タブレットモードへの変形機構を省き、軽量化したことが大きな特徴だ。

[ITmedia]
photo Let's note MX3(光学ドライブ搭載モデル)

 パナソニックは6月19日、法人向けとなるモバイルノートPC「Let's note MX3」2014夏モデルを発表、7月15日に販売を開始する。

 既存のLet's note MX3は360度回転ヒンジを採用し、タブレットモードに変形して利用できる2in1モデルだったが、この新モデルは変形機構を排したクラムシェルノートPCとしている。加えて、液晶ディスプレイからタッチパネルを省き、ボディを軽量化した。

 タッチ非対応の12.5型フルHD液晶と光学ドライブを搭載しつつ、重量約1.07キロの軽量筐体を採用(2in1モデルの光学ドライブ搭載構成は約1.178キロ)。プロセッサはvPro対応のCore i5-4310Uを、ストレージは128GバイトSSDを、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵した(約1.01キロの光学ドライブ非搭載モデルも用意)。リーフ型のキーボードは「Let'snote SX3」と同様のデザインを採用し、既存の2in1モデルより縦キーピッチが広い16ミリとなっている。横キーピッチは19ミリ、キーストロークは2ミリだ。

 OSはWindows 8.1 Pro 64ビット版のほか、Windows 7 Professional 32ビット版搭載モデル(ダウングレード権行使による)も用意している。

 価格はオープン、同社法人直販での標準構成モデル価格は19万3700円(キャンペーン適用で17万8204円、ともに税別)。

製品名 Let's note MX3
メーカー パナソニック
OS Windows 8.1 Pro 64ビット版/Windows 7 Professional 32ビット版
ディスプレイ 12.5型ワイド(1920×1080ピクセル)
CPU Core i5-4310U(2GHz/最大3GHz)
メモリ 4Gバイト
ストレージ 128GバイトSSD
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
主なインタフェース SDメモリーカードスロット、USB 3.0×2、HDMI出力×1、アナログD-Sub、音声入出力
カメラ 1080p対応
本体サイズ 301.4(幅)×210(奥行き)×21.5(高さ)ミリ
重量 約1.07キロ
バッテリー駆動時間 (JEITA 2.0)約10時間/(JEITA 1.0)約15時間
価格(税別) オープン(直販19万3700円/キャンペーン価格17万8204円)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう