ニュース
» 2014年07月07日 15時00分 UPDATE

デル、独自OS採用の液晶一体型シンクライアント「Wyse AIO 5212」

デルは、液晶ディスプレイ一体型の小型シンクライアント端末「Dell Wyse AIO 5212」を発表。独自開発のシンクライアント用OSを搭載している。

[ITmedia]
photo Dell Wyse AIO 5212

 デルは7月7日、液晶ディスプレイ一体型の小型シンクライアント端末「Dell Wyse AIO 5212」を発表した。国内での販売開始は8月下旬の予定で、価格はオープンとなっている(米Dell販売価格は599ドルから)。

 21.5型フルHD液晶ディスプレイを内蔵する一体型のシンクライアント端末で、独自開発のマルチプロトコル対応OSとなる「Dell Wyse ThinOS」を搭載しているのが特徴だ。Webカメラ/スピーカーも標準で装備、Web会議などにも活用できる。

 プロセッサはAMD製の組み込み向けAPUとなるAMD G-T48E(1.4GHz)を内蔵した。本体サイズは531(幅)×181(奥行き)×408(高さ)ミリ(スタンド含む)。


デル株式会社 デル株式会社

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.