ニュース
» 2014年10月01日 02時20分 UPDATE

テクニカルプレビューは10月1日公開、発売は2015年後半:Microsoftの次期OSは「Windows 10」

Windows 8/8.1の後継となる次期OSは、うわさされたWindows 9ではなく、「Windows 10」となる。テクニカルプレビューは10月1日公開(米国時間)、製品版は2015年後半の発売予定だ。【追記あり】

[ITmedia]

 米Microsoftは9月30日(現地時間)、米サンフランシスコで次期Windowsのプレビューイベントを開催。開発コード名で「Threshold(スレショルド)」と呼ばれてきた次期Windows OSが「Windows 10」の名称であることを発表した。Windows 8/8.1の後継は、うわさされたWindows 9ではなく、数字を1つ飛ばしたWindows 10となる。

tm_1410_win10_01.jpg 次期Windows OSの名称は予想外の「Windows 10」

 Windows 10は、テーマとして「1つのプロダクトファミリー、1つのプラットフォーム、1つのストア」を掲げる。同社の新しい戦略「モバイルファースト、クラウドファースト」の世界を構築する新世代Windowsの第1歩であり、コンシューマーとビジネスの両方の需要に応え、これまでで最も広範なデバイスに対応した包括的なプラットフォームになることから、既存の延長線上にあるWindows 9とは呼ばず、「10」と名付けたという。

 動作するデバイスとしては、IoT(Internet of Things)からスマートフォン、タブレット、PC、テレビ、エンタープライズサーバまで、4型から80型の画面サイズ、さらには画面のないものまで、手に持ったり、10フィート離れて使ったり、タッチやペン、キーボード、マウス、その他のコントローラーやジェスチャーまで、幅広くサポートする。つまり、Windows 10はスマートフォン向けOSであるWindows Phoneの役割も担う。

 さまざまなデバイスをサポートする必要から、ユーザーインタフェース(UI)は1種類に固定ではなく、デバイスごとに調整したUIとユーザー体験の提供を行う。その一方で、さまざまなデバイスで動作する共通のユニバーサルアプリ開発プラットフォーム、共通のストアも用意し、Windows 10ファミリー全体としての普及を狙う。

tm_1410_win10_02.jpg 1つのOSファミリーで幅広いデバイスに対応。共通のプラットフォーム、共通のストアも提供することで、アプリ開発を支援し、幅広いユーザーへの普及を目指す

 同社は10月1日(現地時間)、「Windowsインサイダープログラム」を開始し、PCエキスパートとITプロ向けにWindows 10のテクニカルプレビューを配布する。Windows 10はデバイス別にいくつかの種類があり、まず最初にデスクトップPCとノートPC向けのプレビューが入手可能になり、その後間もなくサーバ向けと管理ツールのプレビューもリリースする予定だ。

tm_1410_win10_03.jpg すでに「Windowsインサイダープログラム」のページは日本語化されている

 今回の発表と配布されるプレビューは、早期にソフトウェアを検証する必要があるエンタープライズ向けの機能と、デスクトップPCおよびノートPCにフォーカスした最初のチャプターと位置付けられる。2015年の初期にはコンシューマー向けに、他のデバイスの種類とさらなる機能を紹介する次のチャプターへ進み、続くBuildカンファレンスでは開発者向けのチャプターとして会話を続け、2015年後半にはいよいよWindows 10の製品版を発売する計画だ。

tm_1410_win10_04.jpg Windows 10テクニカルプレビューのデスクトップ。スタートメニューが完全復活し、新機能としてメニュー内にスタート画面のライブタイルやアプリタイルを配置できるようになった。「Build 9841」とある

※2014年10月1日5時、詳細を追記しました

関連キーワード

Windows | Windows 9 | Microsoft | Windows 8 | Windows 8.1


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.