ニュース
» 2014年10月30日 13時25分 UPDATE

キヤノン、自動露出補正機能などを備えた高画質ネットワークカメラ計8機種を発表

キヤノンは、フルHD録画対応のネットワークカメラ「VB-H」シリーズなど計8機種を発表。高圧縮アルゴリズムの採用により録画データ容量の削減が可能となっている。

[ITmedia]

 キヤノンは10月30日、フルHD録画対応のネットワークカメラ「VB-H」シリーズなど計8機種を発表、10月31日に販売を開始する。

photophoto
photophoto VB-H43/VB-M42(上)、VB-H630VE/VB-M620VE(左下)、VB-H730F/VB-M720F、(右下)

 今回の新モデルでは全機種で新開発のファームウェアを採用しているのが特徴で、H.264エンコーダに高圧縮アルゴリズムを採用したことで、従来と同等の画質を維持しつつデータ量の低減を実現した。また、露出補正を自動制御する「オートSSC機能」を搭載しており、逆光での人物や暗いシーンなども見やすい撮影を行うことが可能となっている。

 製品ラインアップは、光学20倍(+デジタル12倍)ズーム搭載の「VB-H43」「VB-M42」、光学3倍(+デジタル4倍)ズーム搭載の「VB-H630VE」「VB-H630D」、IP66準拠の防じん/防水対応モデルの「VB-H630VE」「VB-M620VE」、広角撮影対応のボックス型モデル「VB-H730F」「VB-M720F」をラインアップした。

 各モデルの価格は以下の通りだ。

製品名 価格(税別)
VB-M42 21万8000円
VB-H630VE 19万8000円
VB-H630D 15万8000円
VB-M620VE 15万8000円
VB-M620D 11万8000円
VB-H730F 15万8000円
VB-M720F 11万8000円

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.