ニュース
» 2014年12月09日 17時02分 UPDATE

「ビジネスマンだってゲームするよね」:インテルが語る、タブレット時代のクロスプラットフォームベンチマークテスト事情

Windows、iOS、Androidが混在するモバイルデバイスで処理能力はどうやって比べればいいのか。OSを超えたベンチマークテストについて米Intel幹部が語る。

[長浜和也,ITmedia]

あのBAPCOもクロスプラットフォーム対応ベンチマークを投入

 米Intelは、12月9日(日本時間)にクロスプラットフォームにおけるベンチマークテストの現状を紹介する説明会を日本の関係者向けに行った。電話会議システムを使って説明したのは、米Intel ワールドワイドクライアントベンチマークマネージャーのマット・ダンフォード氏だ。

 ダンフォード氏は、OSは異なるプラットフォームでも測定したスコアを比較できるベンチマークテストとして、BAPCOの「TableMark v3」とPrincipled Technologiesの「WebXPRT 2013」を取り上げている。

 TableMarkは従来のバージョンでWindowsのみの対応だったが、v3からは、Windows 8.1に加えて、Android 4.3以上とiOS 7以上のバージョンも用意した。また、処理能力の評価だけでなく、モバイルデバイスで重要なバッテリー駆動時間を測定する機能も加えている。

kn_intelbench_01.jpg TableMark v3では、「Web and E-mail」「Photo and Video Sharing」「Video Playback」の測定モードを用意。加えて、バッテリー駆動時間の測定機能も導入した

 TableMark v3では、ユーザーの利用場面を想定した「Web and E-mail」「Photo and Video Sharing」「Video Playback」の測定モードを用意している。基本的には「コンテンツ消費系」(ダンフォード氏)のシナリオをそろえたという。なお、それぞれの測定モードでバッテリー駆動時間測定を有効にすると、ベンチマークテストをバッテリーがなくなるまで繰り返し実行するようになる。

 TabletMark v3はWindows StoreとGoogle Playから無料でダウンロードできる。なお、iOS版もAppStoreに申請中で、まもなく配布を開始する見通しという。ただし、こちらも、BAPCOのWebサイトからダウンロードが可能だ。

 TabletMark v3では、3つの利用場面を想定しているが、現在、それ以外の利用場面についても実装を検討している。ダンフォード氏は、インテルとして、ゲーミングユーザーを想定したシナリオを追加したい意向があることを明らかにした。ただ、BAPCOは、ビジネスユーザーを重視しているため、ゲームシナリオの実装には慎重になっているらしい。「ビジネスマンだって、ゲームするのにね」(ダンフォード氏)

 また、Androidデバイスでは異なるアーキテクチャを採用するデバイスが混在していたり、OSによって異なるAPIをサポートしていたりするが、ダンフォード氏は、異なるアーキテクチャでもスコアを比較することは可能で、異なるAPIについては、想定場面に合わせた機能を利用する標準的なAPIを利用することで違いを吸収するようにしていると説明した。

kn_intelbench_02.jpgkn_intelbench_03.jpg 現在、Windows StoreとGoogle Playから無料でダウンロードできる。AppStoreでも地近日中に配布を開始する予定だ

 WebXPRT2013は、Webブラウザベースのベンチマークテストで、Windows 8.1、Android、iOSに加えてChrome OSでも利用できる。WebXPRT 2013でも、「Photo Effect」「Face Delect」(顔認識処理)、「Stocks Dashboard」、「Office Note」(オフラインドキュメント作成作業)といった利用場面を想定した測定モードを用意している。すべて、HTML5をベースに作成している。

 ただ、ダンフォード氏の経験によると、同じOSでも使うWebブラウザによってスコアが異なってくるという。WindowsではInternet Explorerが、iOSでは、Safariが、そして、AndroidではGoogle Chromeが、それぞれ最も高いスコアを示すそうだ。

kn_intelbench_04.jpg WebブラウザベースのWebXPRT 2013は、4つのシナリオを用意してそれぞれで処理能力を評価する。ただし、OSとWebブラウザの組み合わせによってそのスコアに影響があるという

 WebXPRT 2013を開発したPrincipled Technologiesは、現在Chrome OS向けのベンチマークテストとして「CrXPRT」を開発している。これまでも、Chrome OS向けベンチマークテストはあったが、WebXPRTのようにWebブラウザベースがほとんどだった。

 CrXPRTは、Chrome OSそのものの動作を検証するベンチマークテストで、現在クローズメンバーによるβテストを行っている段階だ。正式版は一般に配布する予定で、その時期は2015年の早い段階になる見込みだという。

 CrXPRTでは、「Photo Effect」「Face Detection JS」「Office Note」「Stock Dashboard」「DNA Sequence Analysis」「3D Sharpes」「Photo Collage」のシナリオを用意して、それぞれの利用場面で、Canvasによる画像加工処理や暗号復号処理、WebGLによる演算処理などを実行する。

 また、バッテリー駆動時間測定も追加して、Webアプリケーション(HTML5とJavaScript使用)、フォトコラージュアプリ、インタラクティブ3D(WebGL使用)、ビデオ再生(VP8対応1080p動画)、オーディオ再生(mp3)、そして、オリジナルのゲーム(HTML5対応)を繰り返し動作してバッテリーがなくなる時間を測定する。

kn_intelbench_05.jpg CrXPRTは、2015年の早い打開に正式版を配布する予定で開発を進めているChrome OS向けベンチマークテストだ。ベンチマークテストのイメージはダウンロードしてローカルで動作する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.