ニュース
» 2015年01月07日 18時20分 UPDATE

2015 CES:第5世代Core搭載4Kノートや超薄型タブレット、曲面ディスプレイ、エイリアンなど、Dellが新製品を一挙投入

米DellがCES 2015にあわせて、最新テクノロジーを積極的に採用した新製品群を発表した。

[ITmedia]

 米Dellは1月6日(現地時間)、米国ラスベガスで開催中の2015 International CESにおいて、ノートPC、タブレットおよびディスプレイの新ラインアップを発表した。

 既報の通り、注目は11型クラスのボディに13.3型液晶を搭載した“世界最小”13.3型ノートPC「XPS 13」(国内ではクリエイター向けの「XPS 13 Graphic Pro」として展開)だが、ここではそれ以外のラインアップを取り上げる。

ゲーミングノートPC「Alienware 15」「Alienware 17」が薄型化

 まずは、ゲーマー向けの「Alienware」ブランドから15型モデルの「Alienware 15」と17型モデル「Alienware 17」を紹介しよう。いずれもオプションで内蔵グラフィックスにGeForce GTX 980Mまで選択できるほか、Core i7搭載モデルは別売りの外部ユニット「Alienware Graphics Amplifier」(299.99ドル)に接続することでオーバークロックが可能。その一方で、本体サイズを従来機に比べそれぞれ約20%ほど薄型化したのが特徴だ。

 15.6型ワイド液晶(1920×1080ピクセル)を搭載するAlienware 15の標準構成は、Core i5-4201H(最大3.5GHz)、8Gバイトメモリ、1TバイトHDD、GeForce GTX 965M(2Gバイト)で、Core i7-4710HQ(最大3.5HGz)や16Gバイトメモリ、最大512GバイトSSD(M.2)+1TバイトHDD、GeForce GTX 980MやRadeon R9 295Xといった上位のGPU、4K解像度(3840×2160ピクセル)に対応した液晶ディスプレイなどを選択できる。

 インタフェースは、9in1マルチメディアカードリーダー、USB 3.0×4、Mini DisplayPort、HDMI出力、ギガビットLAN(Killer)、音声入出力、Alienware Graphics Amplifier用ポートなど。ワイヤレス機能として、802.11ac対応無線LAN(Killer 1525)+Bluetooth 4.1を内蔵する。バッテリー駆動時間は最大7.3時間。本体サイズは385.8(幅)×270.2(奥行き)×34(高さ)ミリ、重量は約3.207キロ。価格は1199米ドルから。

og_dell_001.jpg Alienware 15

og_dell_002.jpgog_dell_003.jpg 本体前面、底面

og_dell_004.jpgog_dell_005.jpg 本体左側面、右側面

 17.3型ワイド液晶(1920×1080ピクセル)を搭載するAlienware 17の標準構成は、Core i7-4710HQ(最大3.5HGz)、8Gバイトメモリ、1TバイトHDD、GeForce GTX 970Mで、オプションとしてCore i7-4980HQ(最大4GHz)や16Gバイトメモリ、最大512GバイトSSD(M.2)+1TバイトHDD、GeForce GTX 980Mを選択できる。なお、液晶ディスプレイは標準が非光沢、BTOで光沢タイプのTrueLifeディスプレイを選べるが、4K対応パネルは用意されていない。

 インタフェースは、Alienware 15とほぼ共通化されており、9in1マルチメディアカードリーダー、USB 3.0×4、Mini DisplayPort、HDMI出力、ギガビットLAN(Killer)、音声入出力、Alienware Graphics Amplifier用ポート、および802.11ac対応無線LAN(Killer 1525)+Bluetooth 4.1を搭載する。バッテリー駆動時間は最大6.8時間。本体サイズは430(幅)×291.9(奥行き)×34.4(高さ)ミリ、重量は約3.78キロだ。価格は1499米ドルから。

og_dell_006.jpg Alienware 17

厚さわずか6ミリ、2560×1600の有機ELを搭載した「Dell Venue 8 7000」

 Dell Venue 8 7000は、8.4型有機ELディスプレイを搭載したAndroidタブレット(Android 4.4)だ。2560×1600ピクセル(361ppi)という高精細なディスプレイに加え、インテルのRealSense Snapshot Depthカメラをいち早く搭載しているのが目を引く。撮影データに深度センサーの情報が記録されるため、後からリフォーカスする機能(前景と背景の各オブジェクトに別のフィルタを設定するなど)を利用できる。

og_dell_007.jpg 「Dell Venue 8 7000」

 CPUはAtom Z3580(最大2.3GHz)、2Gバイトメモリ(LPDDR3)、16GバイトEMMCなど。また、最大512Gバイト容量に対応するmicroSDメモリーカードスロットも備える。前面カメラは200万画素、背面カメラは800万画素(RealSense Snapshot Depthカメラ)および720p撮影に対応する2基のカメラを備える。無線機能として、IEEE802.11ac対応無線LANとBluetooth 4.0を内蔵する。5900ミリアンペアアワーのバッテリーを備え、約10時間のバッテリー動作が可能だ。

 本体サイズは、 124.4(幅)×214.8(高さ)×6(厚さ)ミリ、重量は約306グラム。同価格帯のアップル製7.9型タブレット「iPad mini 3」と比較して、画面サイズが大きく(8.4 vs. 7.9)、より高精細で(361ppi vs. 326ppi)、薄く(6ミリ vs 7.5ミリ)、軽い(306グラム vs. 331グラム)のが特徴だ。価格は399.99米ドル。

og_dell_008.jpg 背面にRealSense Snapshot Depthカメラを内蔵し、撮影した写真の焦点を後から編集できる

og_dell_009.jpg キーボードカバーのオプションも用意

第5世代Coreを採用した「Inspiron 15 7000」シリーズ

 2015 International CESではIntelの「第5世代Coreプロセッサー・ファミリー」が発表されているが、デルもこの最新CPUを採用したノートPCを投入している。

 Inspiron 15 7000は、15.6型ワイドノートPCで、CPUに第5世代Core(Core i5-5200U/Core i7-5500U)を搭載するほか、ディスプレイをUHD 4K(3840×2160ピクセル/タッチ対応、フルHD(1920×1080ピクセル/タッチ対応)、HD(1366×768ピクセル/タッチ対応)、HD(1366×768ピクセル)の4種類から選べるのが特徴だ。メモリ容量は最大16Gバイト、ストレージは1TバイトHDDや500GバイトHHD(8Gバイトキャッシュ)のほか、最大512GバイトSSDのオプションも用意されている。

 インタフェースは、SDメモリーカードスロット(SDXC対応)、USB 3.0、USB 2.0、HDMI出力(1.4a)、音声入出力など。液晶上部には720p撮影に対応したWebカメラを内蔵する。無線機能はIEEE802.1ac対応無線LANおよびBluetooth 4.0。なお、バッテリーは3セルタイプ(43ワットアワー)と4セルタイプ(58ワットアワー)の2種類があり、Core i5-5200U+Radeon R7 M270の構成で7時間56分、 Core i7-5500U+内蔵GPU(HD Graphics 5500)の構成で7時間41分としている(MobileMark 12で計測)。価格は1099ドル。

og_dell_010.jpg 「Inspiron 15 7000」。オプションで4K解像度のパネルを選択できる

 このほか、インテルのRealSense 3D Camera Front F200を内蔵するノートPC「Inspiron 15 5000」や、27型AIO「Inspiron 23 AIO」も登場している。F200を使って3Dスキャンや3Dプリント(3Dプリンタ別売)が可能だ。なお、Inspiron 15 5000もCPUに第5世代Coreを採用している。価格は順に1599ドル、749.99ドル。

og_dell_011.jpgog_dell_012.jpg インテルのRealSense 3D Camera Front F200を内蔵する「Inspiron 15 5000」と「Inspiron 23 AIO」も登場

34型曲面ディスプレイ「Dell UltraSharp 34 Curved Monitor U3415W」

 Dell UltraSharpシリーズに加わった「U3415W」は、アスペクト比21:9の横長画面を採用した曲面ディスプレイだ。視線移動が平面ディスプレイより少ないため、より快適かつ没入感が高いという。

og_dell_013.jpg 「U3415W」

 インタフェースは、映像入力としてHDMI、MHL、DisplayPort、Mini DisplayPortの4系統をそろえるほか、DisplayPort出力およびUSB×2(アップ、ダウン)を搭載。このほか、9ワット+9ワットの大容量スピーカーを内蔵する。

 パネルのスペックは、駆動方式がIPS、解像度が3440×1440ピクセル、輝度300カンデラ/平方メートル、コントラスト1000:1、視野角が上下178度/左右172度、応答速度はノーマルモードで8ミリ秒だ。色域はsRGBカバー率99%をうたっている。価格は1199.99ドル。

og_dell_014.jpg ユーザーの視線移動が少ない曲面パネルを採用している

og_dell_015.jpg 解像度は3440×1440ピクセル

デル株式会社 デル株式会社

関連キーワード

Dell XPS | モバイルPC | ノートPC | Broadwell | Dell


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.