ニュース
» 2015年01月14日 11時00分 UPDATE

“シリアルナンバー001”を購入できるキャンペーンも:レノボ、“米沢工場製ThinkPad”記念モデル「ThinkPad X1 Carbon Japan Limited Edition」

ボディに“Japan Limited Edition”だけのデザインを施したThinkPadが限定500台で登場する。“001”号機購入と米沢事業所イベント参加のチャンスも。

[ITmedia]

Web限定500台の米沢生産ThinPad X1 Carbon

 レノボ・ジャパンは、1月14日に「ThinkPad X1 Carbon Japan Limited Edition」(以下、X1 Carbon Japan LE)を発表した。販売予定価格は税込みで22万8960円だ。販売はWeb限定で1月14日からレノボ・ショッピングの専用Webページ「先行優先予約、シリアル番号No.1 獲得!キャンペーン 応募フォーム」で先行優先予約の受付を開始する。先行優先予約に申し込んだ先着500名に購入予約の非公開Webページへの案内メールが届く。出荷開始は2月末からの予定だ。出荷台数は限定500台としている。

kn_tpx1cbnjle_01.jpg 「ThinkPad X1 Carbon Japan Limited Edition」

 X1 Carbon Japan LEは、NECパーソナルコンピュータ米沢工場で生産するThinkPadシリーズ最初のモデルになる。天板のデザインは、カーボンファイバーの繊維をデザインに生かした編み込み柄を採用するほか、キーボード面には「Japan Limited Edition」の文字を刻印する。また、ヒンジ部分には500台限定のシリアル番号を印字する。編み込み柄は、カーボンファイバを実際の製造工程で編み込んだ状態をそのまま出しているため、それぞれの製品ごとに微妙にパターンが変わってくる。

kn_tpx1cbnjle_02.jpg 天面にはカーボンファイバの繊維をデザインに生かした“編み込み柄”を施した

kn_tpx1cbnjle_03.jpg キーボード面には「Japan Limited Edition」の刻印がある

kn_tpx1cbnjle_04.jpg ヒンジ部分にプリントした限定500台の中のシリアル番号

 システム構成と本体の仕様は1月に米国で発表したThinkPad X1 Carbonの新モデルと共通する。キーボードレイアウトは、最上段にファンクションキーを物理的に配置した6段配列を採用する。OSは、Windows 8.1 Proを導入し、CPUには、第5世代Coreプロセッサー・ファミリーのCore i7-5500U(2.4GHz/最大3GHz、2コア4スレッド、3次キャッシュメモリ 4Mバイト)を搭載する。システムメモリは8Gバイト、データストレージはPCI Express接続のSSD(容量512Gバイト)を採用する。

 ディスプレイサイズは14型で解像度は2560×1440ピクセル。タッチ式でIPSパネルを組み込む。無線LANモジュールはIntel Dual Band Wireless-AC 7265を搭載してIEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0が利用できる。

kn_tpx1cbnjle_05.jpg キーボードは、最上段に物理的なキートップを配置した6段配列を採用する

kn_tpx1cbnjle_06.jpg 左側面には、電源コネクタとHDMI、Mini DisplayPort、USB 3.0、ヘッドセット端子を備える

kn_tpx1cbnjle_07.jpg 右側面には、USB 3.0と有線AN拡張コネクタを搭載する

シリアルナンバー“001”号機購入&米沢ペア旅行のチャンスも

 レノボ・ジャパンは、X1 Carbon Japan LEの販売に合わせて、「Thinkad X1 Carbon Japan Limited Edition シリアル番号1番獲得!キャンペーン」を実施する。

 1月14日から始まる先行予約販売でシリアルナンバー1番、2番、3番の製品を購入できる権利と米沢事業場で行うイベントへの招待、そして、1泊二日の米沢ペア旅行が抽選で当たる。対象者は、1月14日の先行優先予約申し込みと同時にキャンペーンに応募して、かつ、米沢で行う平日のイベントに参加できることが条件になる。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.