ニュース
» 2015年01月20日 11時45分 UPDATE

2015年PC/タブレット春モデル:ソフトが最新版になった21.5型オールインワンPC――「FMV ESPRIMO FH」

富士通の液晶一体型デスクトップPC「FMV ESPRIMO FH」シリーズからは、エントリークラスの春モデルが1製品発売される。ソフトウェアを最新版にしたマイナーチェンジモデルだ。

[ITmedia]

FMVの液晶一体型は1モデルを除き継続販売

 富士通は1月20日、液晶一体型デスクトップPC「FMV ESPRIMO FH」シリーズの新しいエントリーモデル「FH52/S」を発表した。1月23日に発売する。実売価格は16万円前後(税別)となる見込み。

 なお、同社の液晶一体型PCラインアップについては、FH52/Sの上位に位置する23型モデル「FH78/RD」に加えて、3スタイルで利用できる「FMV ESPRIMO WH」シリーズの「WH77/S」と「WH53/S」も継続販売される。

FMVF52TW11.jpg 「FMV ESPRIMO FH52/T」

 FH52/Tは1920×1080ピクセル表示の21.5型ワイド液晶パネルを搭載した液晶一体型デスクトップPC。2014年秋冬モデル「FH52/S」と比較して、ボディデザインや基本スペックはほぼ同じで、ソフトウェアが最新版になった。Celeron 1005M(1.9GHz)、HM76 Expressチップセット、CPU内蔵のHD Graphics、4Gバイトメモリ(PC3L-12800)、3TバイトHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。

 通信機能は1000BASE-Tの有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n/acの無線LAN、Bluetooth 4.0+HSを装備。SDXC対応SDメモリーカードスロット、USB 3.0×3、USB 2.0×3(左側面にある1基は電源オフUSB充電機能付き)、有効約92万画素のHDカメラ、ステレオスピーカー、音声入出力も備えている。

 本体サイズは最小傾斜時で518(幅)×175(奥行き)×410(高さ)ミリ、最大傾斜時で518(幅)×306(奥行き)×357(高さ)ミリで、重さは約7.1キロだ。

FMV ESPRIMO FH店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
FMV ESPRIMO FH FH52/T (W 1色) 液晶一体型 ソフトウェアを最新版に Celeron 1005M (1.9GHz) 4GB (DDR3) 1TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 Update 16万円前後
FMV ESPRIMO FH店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
FMV ESPRIMO FH FH52/T (W 1色) 21.5型ワイド 1920×1080 Intel HM76 DVDスーパーマルチ CPU統合 (HD) −/Office Home and Business Premium + Office 365(1年間) 約7.1キロ

 なお、同社直販の「富士通 WEB MART」では、FMV ESPRIMO FHシリーズの「WF2/R」と「WF1/S」、FMV ESPRIMO WHシリーズの「WW1/S」も引き続き販売する。


富士通 FMV ESPRIMO FH 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

関連キーワード

FMV ESPRIMO | FMV ESPRIMO FH | 富士通 | PC | 液晶一体型PC


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.