ニュース
» 2015年01月21日 20時00分 UPDATE

夢はでっかく世界標準:ワコムが世界にアピールする壮大な「WILL」構想

2015 CESに参加したワコムの展示ブースでは、新モデル「Cintiq 27QHD」「Cinqtiq Companion 2」に加えて、「WILL」コンセプトをメインテーマとして訴求していた。

[長浜和也,ITmedia]

「気が付いたら自然とみんなが使っていた」がWILLの目標

 ワコムが提唱する「WILL」は、「ハードウェアの制限を気にすることなく、手書きで入力したデータを使えるようにしよう」という構想だ。手書き入力データのデファクトスタンダードの提案ともいえる、ある意味壮大な挑戦でもあるが、2015 International CESでも展示ブースにWILLをアピールするコンセプトコーナーを設けて、世界の関係者にアピールしていた。

kn_ceswacom_01.jpg タブレットとともに「WILL」の訴求もメインテーマとしていたワコムブース

kn_ceswacom_05.jpg Cintiq 27QHDとともに展示製品の主役を務めていた「Cinqtiq Companion 2」

kn_ceswacom_06.jpg 単体ではWindows 8を導入する13.3型ディスプレイ搭載筆圧2048階調対応デジタイザ内蔵タブレットとして動作する

kn_ceswacom_07.jpg PCやMacに接続すると従来と同じペンタブレットとして動作する

kn_ceswacom_08.jpgkn_ceswacom_09.jpg Cinqtiq Companion 2の左側面と右側面

 コンセプトコーナーでは、複数のシチュエーションを想定したリビングや会議室、カフェをイメージしたセットを設けている。そこでは、ごく普通の紙に手書きしたテキストやイラストがデジタルデータに変換されて、ディスプレイに表示されて遠隔地にいるユーザーと手書き文字でチャットを行ったり、会議で手書きしたメモを大型ディスプレイで共有して、テキストやスケッチを追記していき参加者で共有する便利さを体験できる。

kn_ceswacom_02.jpg リビングを模したセットでWILLが提唱する「手書きデータをデジタルでみんなが自由に共有する」世界を体験できる

kn_ceswacom_03.jpgkn_ceswacom_04.jpg 紙に書いた文字をOSやハードウェアの制限なしにデジタルデータで共有できれば、手書き文字でチャットができる

 ハードウェアとしては、紙を置いたリビングのテーブルやメモをする机にデジタイザを埋め込んでおいて、専用のペンで認識した軌跡からデジタルデータを取得している。

 コンセプトコーナーを案内してくれた米ワコムのスタッフは、「これはコンセプトを紹介するデモで、ハードウェアは実際の状況とはまったく異なる」と説明する。デモで示した「普通の紙に手書きした文字やイラストをデジタルデータで共有する」ことを実現するには、テーブルにデジタイザを埋め込むより、下敷きのような薄いデジタイザを紙の下に置くのがより汎用性が高そうだ。

 しかし、ワコムのスタッフは、「WILLにとって重要なのはハードウェアではない」と力説する。WILLにとって重要なのは、いつでもどこでも手書き入力をデジタル化して多くのユーザーが共有できるデバイスではなく、いつでもどこでも手書き入力をデジタル化して多くのユーザーが共有できる仕組みを用意することが、ワコムがWILLで最も必要と語るところだ。

 現在、手書きしたテキストやイラストをデジタルデータと利用するには、いかにして紙とペンの書き心地と使い勝手を再現するかというハードウェアデバイスの問題より、OSやアプリケーションごとに発生する「垣根」の制約がデジタルデバイスにおける手書き入力や手書きデータの普及を阻んでいるという。

 ワコムはWILLによって、このようなOSとアプリケーションの垣根を超える手書きデータの共通フォーマットを提唱しようとしている。「手書きデータフォーマットの業界標準規格」を提案して、それを使ってもらえるように普及させそうという、壮大な構想ともいえる。

 ただし、ワコムはWILLの標準規格化に向けて、規格標準化団体に策定というアプローチは考えていない。ユーザーやアプリケーションベンダーが自主的に選択していった結果、「気が付いたら自然とWILLが手書きデータの標準フォーマットになっていた」(ワコムスタッフ 談)という状況を目指している。

 WILL SDKの提供など、WILL推進の努力はしているものの、それだけでは、アプリケーションベンダーによって“自然と標準フォーマット”の地位になるのは難しいだろう。2015 CESにおけるWILLのデモンストレーションも世界中の関係者に向けた訴求として絶好の機会かもしれない。しかし、やはり、プロフェッショナルタブレットとしてクリエーターに多くの支持を得ているワコムの実績が、WILLを標準規格に押し上げてくれると考える根拠の1つになっているのだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.