レビュー
» 2015年01月27日 12時08分 UPDATE

動画で360度チェック:エレコムの無線トラックボール「M-XT1DRBK」を動画でチェック

なくなりそうでなくならない、根強い需要があるトラックボール。エレコム「M-XT1DRBK」は、無線タイプのニューモデルだ。

[田中宏昌,ITmedia]

 エレコムのトラックボール「M-XT1DRBK」は、2.4GHzワイヤレス帯を使用した5ボタンの光学式トラックボールだ。ボールの直径は約33ミリあり、動作も滑らか。底面のスイッチでバッテリー寿命も重視したローエナジーモード(最長9カ月動作)とトラッキング速度重視のハイスピードモードを切り替えられたり、右端のスイッチを押している間だけマウスポインタが減速したり、ユニークな機能を備えているのが特徴だ。

 別途ユーティリティーの「エレコム マウスアシスタント」はWindowsだけでなく、Mac(OS X 10.9以降)にも対応しており、ダウンロードして導入すればボタン動作など細かい機能の割り当て変更やジェスチャー操作の追加が行える。

 本体サイズは94.7(幅)×124.4(奥行き)×47.9(高さ)ミリで、単3乾電池1本を含んだ重量は約153グラムある。価格は大手量販店で4000円前後(有線タイプのM-XT1URBKは3300円前後)とこなれているのもうれしいところだ。

ht_et01.jpg 無線タイプと有線タイプのトラックボールが用意されている。ボディカラーはブラックのみだ
ht_et02.jpg トラックボールは着脱できる。ボールのカラーバリエーションも期待したいところ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.