ニュース
» 2015年02月13日 15時00分 UPDATE

2015年PC/タブレット春モデル:LTE対応SIMロックフリーモデルも登場──「ASUS TransBook T100」シリーズ

シャンパンゴールドのハイエンドモデルは、本体側のeMMCとキーボード側のHDDを利用可能。エントリーモデルはSIMロックフリーで格安SIMによるデータ通信可能。

[ITmedia]

 ASUS Japanは、2月13日に脱着式2in1 PC「ASUS TransBook T100」シリーズの新モデル「T100TAM-B-GS」「T100TAL-B-3775」を発表した。出荷開始は、ともに2月20日からで、税別の実売予想価格は、T100TAM-B-GSが6万9800円、T100TAL-B-3775が6万4800円になる。

 T100TAMは、シャンパンゴールドのボディカラーを採用したハイエンドモデル。一方、T100TALは、SIMロックフリー対応モデルで、ユーザーが用意するSIMを利用することでLTEによるデータ通信が可能になる。ともにOSはWindows 8.1を導入する。

T100TAM-B-GS

 T100TAMのシステム構成は、CPUがAtom Z3795(1.59GHz/最大2.39GHz、4コア4スレッド、SDP 2ワット)、システムメモリ容量が4Gバイト、データストレージはタブレットの本体側に搭載した容量32GバイトのeMMCと、キーボードユニット側に搭載した容量500GバイトのHDDを利用できる。ディスプレイサイズは10.1型で、解像度は1366×768ピクセルだ。キーボードと合わせた重さは約1.09キロで、この状態でバッテリー駆動時間は約10.1時間になる。なお、標準でOfficeが付属する。

kn_t100ta_01.jpg T100TAM-B-GS

T100TAL-B-3775

 T100TALのシステム構成は、CPUがAtom Z3735D(1.33GHz/最大1.83GHz、4コア4スレッド、SDP 2.2ワット)、システムメモリ容量が2Gバイト、データストレージはタブレットの本体側に搭載した容量32GバイトのeMMCを利用できる。ディスプレイサイズは10.1型で、解像度は1366×768ピクセルだ。キーボードと合わせた重さは約1.1キロで、この状態でバッテリー駆動時間は約8.1時間になる。本体には、有効126万画素のインカメラと有効500万画素のメインカメラを内蔵する。

kn_t100ta_02.jpg T100TAL-B-3775

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.