レビュー
» 2015年02月16日 15時00分 UPDATE

動画で360度チェック:新型「VAIO Z」の突き詰めた魅力に動画で迫る

2014年7月に船出したVAIO株式会社が、満を持して投入した新型「VAIO Z」。その魅力を動画でチェックしてみよう。

[田中宏昌,ITmedia]

 VAIOが新たに投入した「VAIO Z」は、これまでのVAIOシリーズのポイントを凝縮したような1台に仕上がっている。VAIO Fit 13Aのように液晶ディスプレイが180度回転するフリップ機構を取り入れることにより、2in1 PCとして活用できるだけでなく、タッチ操作に加えて筆圧検知対応のデジタイザペンに対応したsRGBカバー率100%のディスプレイを採用。

 13.3型で2560×1440ピクセル表示の221ppiという高精細な表示を実現するほか、TDP 28ワットの高性能なCPUと高速なSSDを搭載しながら、バッテリー駆動時間は約15時間以上(JEITA 2.0)を確保している。

 ボディサイズも324.2(幅)×215.3(奥行き)×15〜16.8(厚さ)ミリ、重量は約1.34キロと妥協のない仕上がり。「最高のアウトプットを求める人へ」というキャッチコピーにふさわしいモデルと言えそうだ。

ht_vvv01.jpg 新型「VAIO Z」では、液晶ディスプレイ部分が180度回転するフリップ機構を採用した
ht_vvv02.jpg 細かな筆圧調整が行えるデジタイザペンが付属する

関連キーワード

VAIO | VAIO Z | 動画 | ペン | 2in1


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.