ニュース
» 2015年06月08日 12時05分 UPDATE

群馬県の緊急/災害医療にWindowsタブレット採用

日本マイクロソフトは、群馬県の災害拠点病院と救急医療期間にWindowsタブレットが採用されたと発表した。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは6月8日、群馬県の災害拠点病院と救急医療期間にWindowsタブレットが採用されたと発表した。

 消防と医療のより密接な情報連携を実現するソリューションとして、2015年2月に県内すべての消防本部/災害拠点病院、救急医療機関にWindowsタブレットを配備、コミュニケーション基盤としてOffice 365の活用を開始した。

 今回のソリューションの活用により、救急隊員からの病院受け入れ打診の時間短縮が実現。また事故現場や心電図の画像共有により、患者の受け入れの可否判断が容易となったとしている。

 事例の詳細はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.