ニュース
» 2015年06月25日 13時12分 UPDATE

iiyama PC、和コンセプト筐体採用PC“雅”に第5世代Coreプロセッサ採用モデル

ユニットコムは、iiyama PCブランド製となる和風デザイン筐体採用のデスクトップPC計2製品を発表した。

[ITmedia]

 ユニットコムは6月25日、和風デザイン筐体を採用した“雅PC”のラインアップに最新プロセッサとなるCore i7-5775C搭載モデルを追加、販売を開始した。

photophoto MN7250-i7-TXM(左)、MD7200-i7-TXM(右)

 独自開発の“雅”デザイン筐体を採用するデスクトップPCで、ラインアップはミニタワー型の「MN7250-i7-TXM」と、ミドルタワー型の「MD7200-i7-TXM」の2製品を用意した。

 ともにCPUとしてCore i7-5775Cを採用。メモリはDDR3 8Gバイト、ストレージは1TバイトHDD、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。OSはWindows 8.1 64ビット版を導入している。標準構成価格はそれぞれ10万4980円/10万9980円だ(税別)。

top_features1_icon_15_1422933195.jpg

→PC USER特設ページ「いいね!イイヤマ!」
ディスプレイで40年の歴史を誇る「iiyama」がお届けする
国内生産PCは一味違う!話題の“雅Project”も大注目!!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.