ニュース
» 2015年08月19日 11時44分 UPDATE

ASUS、Androidタブレット「ZenPad」にAtom x3-C3200搭載のエントリーモデル3タイプを追加

ASUS JAPANは、モバイルデバイス向けプロセッサとなるAtom x3-C3200を採用したAndroidタブレット端末「ASUS ZenPad 7.0」「同 8.0」「同 10」の3製品を発表した。

[ITmedia]
photo ASUS ZenPad 7.0

 ASUS JAPANは、同社製Androidタブレット「ZenPad」シリーズのラインアップに7型/8型/10.1型液晶搭載の新モデル「ASUS ZenPad 7.0」「ASUS ZenPad 8.0」「ASUS ZenPad 10」(型番はそれぞれZ370C、Z380C、Z300C)の3製品を追加、8月21日より順次販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ1万9800円/2万3800円/2万6800円だ(税別)。

 いずれもモバイル向けプロセッサとなるAtom x3-C3200を標準搭載したモデルで、IEEE802.11b/g/n無線LANおよびBluetooth 4.0接続をサポートしたエントリーモデルだ。

 いずれもディスプレイ解像度は1280×800ピクセル表示に対応し、メモリは2Gバイトを内蔵。ストレージは16Gバイト(Z370C/Z380CはeMCP、Z300CはeMMC)を装備した。またサウンド機能として、バーチャルサラウンドを楽しめる「DTS-HD Premium Sound」も標準で搭載している。

photophoto ASUS ZenPad 8.0(左)、ASUS ZenPad 10(右)  製品のカラーバリエーションは3製品ともブラック/ホワイト/シルバーの3色展開となっている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.