ニュース
» 2015年08月27日 12時29分 UPDATE

日本HP、APUを採用した個人向けエントリーノート「HP 15-af100」

日本HPは、個人向けノートPC「HP 15」シリーズのラインアップにAMD製APU採用のベーシック/スタンダード構成モデル2製品を追加した。

[ITmedia]
photo HP 15-af100  ※販売製品には日本語キーボードが搭載される

 日本HPは8月27日、個人向けノートPC「HP 15」シリーズのラインアップにAMD製APU採用モデル2製品「HP 15-af100ベーシックモデル」「HP 15-af100スタンダードモデル」を追加、本日より販売を開始する。同社直販「HP Directplus」販売価格はそれぞれ3万9800円から/4万4800円から(ともに税別)。

 2製品はともに1366×768ピクセル表示対応の15.6型ワイド液晶を内蔵したノートPCで、それぞれプロセッサとしてAMD E1-6015/AMD A4-5000を搭載したエントリー構成モデルだ。

 そのほかの仕様は共通で、メモリは4Gバイト、ストレージは500GバイトHDD、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。OSはWindows 10 Homeを導入している。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

関連キーワード

HP | APU | ノートPC | エントリークラス | Windows 10


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.