ニュース
» 2015年10月05日 12時33分 UPDATE

富士ゼロックス、生産性を向上させたA3カラーレーザープリンタ「DocuPrint C3450 d」など3製品

富士ゼロックスは、A3判対応のビジネス向けカラーレーザープリンタ「DocuPrint C3450 d」「DocuPrint C2450」など計3製品を発表した。

[ITmedia]

 富士ゼロックスは10月5日、ビジネス向けカラーレーザープリンタ「DocuPrint C3450 d」「DocuPrint C2450」を発表、10月26日に販売を開始する。価格はDocuPrint C3450 dが17万8000円、DocuPrint C2450がオープン。

photophoto DocuPrint C3450 d(左)、DocuPrint C2450(右)

 2製品はともにA3カラー印刷に対応するレーザープリンタで、DocuPrint C3450 dは32枚/分、DocuPrint C2450は25枚/分(ともにモノクロ/カラーとも)の高速印刷に対応。従来モデル同様、すべての操作を前面から行えるフルフロントアクセス構造を採用した。また上位モデルとなるDocuPrint C3450 dは、耐久性を従来比1.5倍となる90万ページに向上。さらにカラートナー容量を従来比1.3倍に増量し生産性を高めている。


photo DocuPrint M260 z

 このほか、A4対応のモノクロ複合機「DocuPrint M260 z」もあわせて発表、10月20日に販売を開始する。価格はオープン。

 SOHO/中小事務所などでの利用に向く省スペースモデルで、プリント/スキャン/コピー機能とファクス機能を標準で搭載。無線LAN接続にも対応しており、モバイル端末からの印刷機能も利用可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.